塾・予備校の評判・口コミ・合格実績

学習塾・予備校検索とキャリア教育・教育改革の最新情報のポータルサイト 塾・予備校を探す 塾・予備校運営講座 勉強記事

中高生の子どもを塾や予備校に入れたあと、親がしなければいけないこと5項目

中学生・高校生のお子さんを塾や予備校に入れた保護者のみなさま、その後何か行動を起こしていますでしょうか?

実は、「塾や予備校に通わせてあとは任せきり」では塾や予備校を120%活用することはできないのです。

将来立派に生きて欲しい、そんな願いを込めて塾・予備校へ通わせるからこそ、その成果が出るように支援するのも親の役割です。

目次 

1. 塾に行ったことについて関心を寄せる
2. まずは塾に行くように促してみる
3. 塾の先生を立てる
4. すぐに結果が出ると思わない
5. 子どもが前向きになれないときは寄り添ってあげる

1. 塾に行ったことについて関心を寄せる

とにかく関心を持っていることを伝えましょう。

「明日は塾の日よね!」「何を教えてもらうの?」「今日どうだった?」

このようなシンプルな問いかけで構いません。ぜひ、あなたがお子さんに関心を持ち、塾へ通って勉強に励もうとしている意欲を認めてあげましょう。

2. まずは塾に行くように促してみる

入塾したての頃は、すぐにいかなくなるということはあまりないと思います。

しかし、通い始めて2週間から1ヵ月くらいまでは、基礎をやり直したり勉強習慣をつけさせる時期だったりして結果に繋がらず、子ども本人のやる気が下がってくることがあります。

そんなときは、子どもの「塾行ってもあんまり成績上がっている気がしないし、、、」という発言に賛同するのではなく、子どもが塾に入って成長した点をしっかりと認めて、もう少し頑張ってみようと励ましてあげてください。

本当にお子さんに合った塾を選べていれば、結果は必ず出るので、まずは塾に行くように伝えていきましょう。

高校受験・大学受験対策の予備校の選び方。受験相談で聞くべきこと5選

3. 塾の先生を立てる

お子さんに関心を寄せて、話を聞いてあげる中で、塾に対しての不満や疑問を子どもから聞くことがあるかもしれません。

「英語の先生の教え方があんまり良くなくて、、」のような言葉に対して、安易な肯定も否定もやめましょう。

お子さんのためにしっかり塾を選んだのであれば、講師が良くないということは頻発するものではありません。

子どもは親を良く見ているので、親が信頼していない人を信頼することは難しいでしょう。間違っても、「塾の先生なんて本気で信じちゃだめ」といった発言はしないようにしましょう。

先生の名前をお子さんから教えてもらい、その名前を会話に出して、どんな先生なのか、どこがお子さん自身が不満や疑問を感じているのかを丁寧に聞きましょう。

4. すぐに結果が出ると思わない

「入塾して1ヵ月、結果らしい結果が出ないので退塾を考えています。」という判断は早いです。

勉強というものは、短期間で成績が上がった場合は単に知識を詰め込んだだけ、という可能性もあります。その反対もあり、短期間で成績は上がらなかったものの、勉強に対する向き合い方や、遡行学習(前のレベルに遡っての学習)をしっかりとこなしていることで第一志望合格へは着実に近づいているケースもあります。

短期間で目に見える成果が出ない → 親が後ろ向きになり、その姿勢が子どもに伝わる → 塾へ通う頻度も落ち、さらに成果に繋がらない

という、最悪の状況に至ってしまいます。

こちらの塾選びの際に教室に確認することをまとめた記事で詳しく説明している、

「入塾したらどのくらいの期間で、どのような結果を出すことを目標にするかを聞く」

ということが極めて大切です。

 

「1ヵ月で勉強に対して前向きにさせて、受験生としてスタートできるようにする」という目標の元に入塾を決めたのであれば、それを信じて1ヵ月は待ちましょう。

5. 子どもが前向きになれないときは寄り添ってあげる

今まで勉強をしっかりとやってこなかった子どもの場合、塾に通って勉強をするにあたり、かなり前の範囲に遡って学習を行うという方針になることがあるかもしれません。

「高校生なのに、 中学生の範囲をやらされるんだ。」

お子さんがそのようなネガティブな印象を持ってしまい、自信を失いそうになっているときは、「あなたはできないんだから、中学校でも小学校でも遡ってやりなさい!」などと追い討ちをかけるような声かけは避けましょう。

何事も基礎・基本の上に次の段階があるということを丁寧に説明した上で、取り組もうとしている姿勢を常に肯定し、褒めてあげましょう。

まとめ

教育は保護者・教育機関の連携が何より大切です。

「お金は払ったからあとは任せきり」そんな考え方は今すぐ捨てて、お子さんとしっかり向き合って一緒に成長していけるような環境を作っていきましょう!

この記事を書いた塾・予備校
Medium 2f9b4867 9b1e 4b87 ae6b f087e87f205a
〒211-0002 神奈川県川崎市中原区上丸子山王町2丁目1208-4 ノーブル武蔵小杉1F

指導は完全1対1の個別指導なので、指導中生徒は先生を独り占め。
指導では主に、
・1週間の勉強の進み具合の確認&次週の勉強計画作成
・分からない問題の解説
を行います。

また、志望校と取れる時間から逆算し、1人ひとりに合ったカリキュラムを作成します。具体的には、何を、いつまでに、どれくらいやるのかを明確にします。

この記事を書いた塾・予備校
Medium 2f9b4867 9b1e 4b87 ae6b f087e87f205a
〒211-0002 神奈川県川崎市中原区上丸子山王町2丁目1208-4 ノーブル武蔵小杉1F

指導は完全1対1の個別指導なので、指導中生徒は先生を独り占め。
指導では主に、
・1週間の勉強の進み具合の確認&次週の勉強計画作成
・分からない問題の解説
を行います。

また、志望校と取れる時間から逆算し、1人ひとりに合ったカリキュラムを作成します。具体的には、何を、いつまでに、どれくらいやるのかを明確にします。