キャリア教育ProgressTimeの情報メディア/学習塾・予備校

キャリア教育ProgressTimeの情報メディア/学習塾・予備校

「自分のことは自分が一番よく分かっている」という誤解。人生や進路に迷う高校生は必見です

 

将来の夢は?

どこの大学に行きたいの?

やってみたいことは何か無いの?

 

 

毎日のように浴びせられるこれらの問いかけ。

いい加減、もううんざりだ。

 

 

自分のことは自分にしか分からないんだから、いちいち聞かないで!干渉しないで!

 

 

これまでの人生の選択は全て自分でしてきた。自分の考えや行動も全て自分で選択してきた。

 

 

そう思っていた。

 

 

実はそれ、今まで出会った人や出来事、環境から「自分はこんな人間だ」と決めつけているんです。

 

 

どうせ私なんか合格できない、受験勉強なんてきっと続かない


身近な例でいうと、「受験」の時。

 

「どうせ私には合格できない」

「受験勉強なんてきっと続かない」

 

と、自分を卑下したり過小評価していた経験はありませんか?

 

これは、心のどこかに、

 

自分には能力がない、あっても低い

自分には継続力がない

頑張ったってどうせ報われないから意味が無い

 

という考えがあるからです。

 

 

他人と比べちゃってるよ


上の3つのような考え方は、自分が本心からそう思っているのではなく、

自分を他人と比べてそう感じていたり、世間の評価や判断基準に沿っていることがほとんどです。

 

だって、受験は試験を受けて合格通知が来るまで結果は誰にも分からないですし、

受験勉強だって実際にやってみたら続くかもしれないじゃないですか。

 

要するに、

心の中にある「自分はこういう人間だ」という自分像は、本当の自分ではないんです。

 

自分は、本当の自分を分かっていないということ。

 

 

キミが今やるべきことは、画面越しの人との対話ではなく“本当の自分との対話”


本当の自分は、

 

・自分が何をしたいのか

・自分がどうありたいか、どんな人と一緒にいたいか

・自分は何が好きで何が嫌なのか

 

などを分かっています。

 

周りの評価とか自分の能力、そんなものを一切抜きにしてまっさらな状態で自分と向きあった時、本当の自分が見えてくるはずです。

 

 

一人で考えると病みます確実に


自分と向き合うことって、まさに今進路や人生で迷っている人こそ、一人でずっと考えると病みます...(笑)

もしかしたら、経験済みの方もいるかもしれませんね。

 

 

こういうことはまず、今自分が考えていることや悩みを他者に発散することが大切です。

 

 

この記事を読んで、もし心のモヤモヤを発散したくなったら、親友や家族、先生などに発散してみてくださいね〜!