Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/29 22:17 更新
ハルのプロフィール画像

ニガテな人でもわかりやすい!基礎の基礎、中和反応を学ぼう

576  views
ハル

中和反応とは

酸と塩基が反応して互いの性質を中和すること

酸 →水溶液中で電離し、水素イオンH+を生成

塩基→水溶液中で電離し、水酸化物イオンOH-を生成

 

「中和」反応なんだから、できたものは中性になると思われがちですが中性にならないこともあります。

同じ濃度、同じ体積では中性になりますが違う濃度、違う体積ではなりません

 

中和反応の代表的な例え

酸    HCl → H + Cl

塩基   NaOH → Na + OH

中和反応 HCl + NaOH → NaCl + H2O

 

 

中和反応に大切な2つの公式

●酸の価数×酸の物質量=塩基の価数×塩基の物質量

●物質量=モル濃度×体積

 

教科書には

「酸の価数×酸の濃度×酸の体積=塩基の価数×塩基の濃度×塩基の体積」

と書いてあることが多いですが

先ほど挙げた1つ目の式は酸や塩基が固体、液体、気体、水溶液の場合でも使えます

 

「とりあえず公式覚えて当てはめればいいんでしょ?」と思っているあなた。それだと受験は乗り越えられませんよ!どうして公式を使うのか、問題を見てよく考えてから答えてくださいね!

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

単位は暗記していれば計算方法を教えてくれる?|化学勉強法

どんな大学の問題でも出てくる化学の計算問題ですが、単位の付け方がわからない!っていう方、多いと思います。 でも、単...
I.MORITA 1084  views

原子親和力とは原子の陰イオンになりやすさ!|化学勉強法

電子親和力って何なのか? 電子親和力とは、電子殻の最外殻に電子を1つ取り込んで、1価の陰イオンになるときに出るエ...
I.MORITA 1934  views

同素体と同位体の違いとは?簡単にまとめてみた|化学勉強法

同位体と同素体の見分け方を教えてください!という人がよくいますが、ある意味それは間違った質問です。   間違っ...
I.MORITA 2462  views

塩に種類が!正塩、酸性塩、塩基性塩の見分け方|化学勉強法

塩の分類についてのお話です。   塩は、水などの中性の溶媒に溶かしたときの液性によって正塩、酸性塩、塩基性塩に...
I.MORITA 26145  views