武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

to不定詞の副詞的用法ってどんなもの?副詞の性質から理解してみよう!

to不定詞には副詞的用法というものがあります。

名詞的用法、形容詞的用法と並んで、三つの用法として有名なものです。

 

しかし、副詞的用法という名前は知っていてもいまいちピンとこない。そんなことありませんか?

そもそも、この副詞的用法の「副詞的」って何?って思いますよね。

まずはこの「副詞的」のイメージをしっかり持って、to不定詞の副詞的用法を理解していきましょう。

 

 

副詞というのは「動詞、形容詞、副詞を修飾するもの」と言われます。

そしてto不定詞の副詞的用法を考えるにあたり、動詞、形容詞を修飾するということがポイントになります。

副詞的用法を理解するために、まずはこれらの副詞の特性をおさえましょう。

 

 

動詞を修飾するというのは、その動作について「どんな動作か?」を説明することになります。

 

Tom runs fast.(トムは速く走る。)

という文なら、「走る(runs)」という動作がどんなものなのかを詳しく説明する部分は「速く(fast)」という部分になります。

この「速く(fast)」という部分が、動詞を修飾する副詞になります。

 

形容詞を修飾する副詞は、状態を表す形容詞をさらに詳しく説明します。

 

He is very kind.(彼はとても親切です。)

 

という文なら、「親切(kind)」という部分が形容詞です。

形容詞は、名詞がどんなものなのかを説明します。

その名詞の状態を示します。

この例文なら、「彼(He)」という名詞がどんなものなのかを説明する部分が「親切(kind)」となります。(彼=親切)

そして、この「親切(kind)」という形容詞をさらに詳しく説明する部分が、「とても(very)」の部分になります。

この「とても(very)」という部分が副詞です

これが、形容詞を修飾する副詞となります。

 

 

以上のポイントが、to不定詞の副詞的用法でもそのまま大事なポイントになります

今度は、この副詞的用法の具体例を挙げて説明していきます。

 

例えば、

 

I went to the park to play soccer.

 

という文を考えましょう。

「私はサッカーをするために公園に行った」

となります。

 

この文のto不定詞の副詞的用法はto playで、そこにsoccerをくっつけてto play soccerで「サッカーをするために」となります。

この「するために(to play)」という不定詞の部分は、この文の動詞である「行った(went)」という動作を詳しく説明する部分です。

 

「公園に行った」という動作は、何のために行われたのか。それは「サッカーをするために」行った、ということで説明できます。

これは動詞を修飾する副詞的用法です。

 

次に、

 

I’m surprised to hear that.

 

という文を見てみましょう。

「私はそのことを聞いて驚いた」

となりますが、ここでのto不定詞の副詞的用法はto hearで、そこにthatをつなげ、to hear thatで「そのことを聞いて」となります。

 

さて、この文の形容詞は「驚いた(surprised)」という部分です。

「私(I)」という名詞の状態を表している形容詞です。

 

そしてこの「驚いた(surprised)」というのは、「そのことを聞いて(to hear that)」という部分で説明されます。

なぜ驚いたのかというと、そのことを聞いたからです。

これは、「驚いた(surprised)」という形容詞を、「聞いた(to hear)」という不定詞の部分で説明していることになります。

 

どんなことによって驚いたのか。

そのことを聞いたことによって驚いた。

 

というように、「聞いた」の部分が「驚いた」を修飾します。

これは形容詞を修飾する副詞的用法です。

 

以上のように、to不定詞の副詞的用法は、副詞の性質をそのまま利用するものになります。

副詞的用法を理解するには、動詞と形容詞を修飾するという副詞の性質の基本を理解し、当てはめることが大事です。

 

次に、to不定詞の副詞的用法の訳し方についてです。

 

 

文によって訳し方が変わってきますが、いくつかパターンを覚えてみましょう。

例えば動詞を修飾する副詞的用法には、「~するために」、「その結果~」という訳し方がありますが、「~するために」という訳し方は一般的によく使われます。

また、形容詞を修飾する副詞的用法では、「~して」、「~するなんて」、「~するには」などの訳し方があります。

 

不定詞の副詞的用法を訳すときは、まずは副詞的用法という性質をしっかりと考え、そこに当てはまる訳を考えていくという方法が効果的です。

 

to不定詞の副詞的用法のどんな訳し方でも、動詞や形容詞を修飾するという基本が大事になります。

これを念頭に、to不定詞の副詞的用法をおさえてみてください!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404