武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

canとbe able toの2つの意味!|英語勉強法

canとbe able toはどちらも「~することができる」と習う言葉です。

しかし! 実は微妙に意味が違うと知っていますか?

英作文などでは特に気をつけたいところです。

 

①canは実現が可能であるということ

②be able toは能力があるということ

 

これだけだと難しいですね。

ちょっと日本語で見ていきましょう。

 

「私、泳げないんだよね……」

 

こんな子がいるとしましょう。

たとえばこの子の言う「泳げない」が「プール嫌い……25メートルとか絶対泳ぎきれない……」くらいの意味だとしましょう。

つまりこの子は泳ぐのが苦手で、自分には泳げるほどの能力がないと言っているのです。

英語にするなら、be able toを使うことになります。

 

しかしこれが「病気だから、水に潜っちゃいけないってお医者さんから言われてるんだ」レベルの「泳げない」だとします。

これは能力云々の話ではありませんね。

実現が不可能……canを使った文章になります。

 

ちょっと極端な例ではありますが、canとbe able toの違いはこんな感じなのです。

 

補足も踏まえて練習問題。どちらが正しい言い方ですか?

 

①Can you write your name?

②Are you able to write your name?

 

正解は①です。

Can you~?には「あなたは~できますか?」から転じて「~してくれませんか?」という意味があります。熟語です。頻出です。

②は「あなたには名前を書く能力がありますか?」という意味に……なんだか馬鹿にしてるような言い方ですね。

 

ちょっとしたニュアンスですが、覚えておいて損はない知識です!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404