Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/2 11:03 更新
新井光樹のプロフィール画像

『玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする』の現代語訳と解説。

4859  views
新井光樹

 

これは新古今和歌集で詠まれている「玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする」という歌です。


【原文】

玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする


【現代語訳】

私の命よ、絶えるなら絶えてしまってくれ。このまま長く生きていれば、心に秘めた恋がばれてしまいそうだから。


【解説】

この句は、「忍ぶる恋」というテーマで詠まれたものです。今で言うと「人には知られていない秘密の恋」といったところ。

玉の緒」とは、魂と体とをつなぐヒモのことを表し、つまり「死んでしまってもいい」となかなか強烈な句で始まっています。

ながらう」とは「長く生きる」と訳しています。「忍ぶ」には「気づかれないようにする」と「我慢する」という意味があります。

この歌が恋の歌ということを考えると、気づかれないようにしていた恋と、その恋心を人に伝えるのを我慢しなければならないという気持ちがこめられた言葉でしょう。


(というのも、式子内親王は生涯独身でいなければならない身分だったために、恋をかなえることはおろか、人に伝えることができなかったのです。)

そして恋心を抑えなければならないのですが、長く生きれば生きるほど、その意志が弱ってしまいそう・・・だから命が絶えてしまってもかまわないと歌っているわけです。

 

 

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

センター古文で高得点をとる3つのポイント!

センター試験の国語は現代文100点、古文50点、漢文50点の計200点満点で構成されていますが、全体の4分の1を占...
fireflower 3173  views

なりの見分け方とは?伝聞推定と断定の違い|古文勉強法

こんにちは。塾講師めるです。 今回は「助動詞『なり』の見分け方を教えて!」という質問に答えていきます! 伝聞推...
める 10071  views

頻出単語!1月から12月まで古典単語で書ける?

こんにちは。塾講師めるです。今回は「1月~12月って古典ではなんて言うの?」という質問に答えていきます! 古典で...
める 5573  views

源氏物語の光源氏とは?平安時代について詳しく|古典勉強法

こんにちは。塾講師めるです。今回は「平安時代の恋愛スタイル」について,『源氏物語』でお馴染みの「光源氏」を例に挙げ...
める 2295  views