Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/26 11:03 更新
城井盛主のプロフィール画像

古文を伸ばす丁寧語・尊敬語・謙譲語の敬意の動き! 侍り候ふなんじゃそれ

17479  views
城井盛主

主語に注目しよう

古文に限らず日本語の敬語には「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の三種類あります。

まずはこの三種類の敬語の区別ができるようにしましょう。

まず「侍り(はべり)」「候ふ(さぶらふ)」が使われていれば丁寧語です。

丁寧語はそれだけで使う場合もありますし、尊敬語/謙譲語と一緒に使う場合もあります。

次に尊敬語か謙譲語かは「文の主語」に注目して

主語が身分の高い人であれば尊敬語

主語が作者/筆者、または会話の話し手であれば謙譲語

であると整理して「誰」から「誰」への敬意なのかを考えましょう。

 

「誰」からの敬意なのか

次に「誰」から「誰」への「敬意(敬う気持ち)」なのかに着目しましょう。

  1. 「話し手」から「聞き手」への敬意(丁寧語)
  2. 「話し手」から「行動をする人」への敬意(尊敬語)
  3. 「話し手(行動をする人)」から「行動を受ける人」への敬意(謙譲語)

基本的に敬意の出発点(「誰」から)は「話し手」からです。

敬語の使われている文が「会話文」か「地の文(会話でない文)」かで「話し手」の指す人が違ってきます。

「会話文」の場合、「話し手」は文字通りその会話文を話している人です。

「地の文」の場合、「話し手」は作者/筆者です。

それでは敬意を受ける人(「誰」へ)について整理しましょう。

 

丁寧語~「聞き手」への敬意~

文章中に使われている敬語を分類するときはまず「丁寧語」から考えましょう。

補助動詞の「侍り(はべり)」と「候ふ(さぶらふ)」がついているものは丁寧語です。

(本動詞の「侍り」「候ふ」は謙譲語の場合もありますので注意しましょう)

 

それでは「誰」への敬意となるのでしょう。

「会話文」の場合、文字通り「聞き手」はその会話文を聞いている人

「地の文」の場合、「聞き手」は読者です。

たとえば

○かの、白く咲けるをなむ、夕顔と申しはべる

という文がAさんからBさんへの会話文で使われているとはべるの敬意はAさんからBさんへ向けられたものです。

これが地の文ですと作者から読者へ向けられたものになります。

 

例文の出典・意味

[源氏物語・夕顔] あの白く咲いている花を夕顔と申します

 

尊敬語~「行動をする人」への敬意~

次に「尊敬語」は「行動をする人」が「身分の高い人(敬うべき人)」であるとき、つまり「文の主語」が「身分の高い人」の場合に使います。

これは会話文であれ地の文であれ「誰」への敬意ということでは、「文の主語」への敬意ということになります。

たとえば

○答へてのたまふやう、

というように尊敬語「のたまふ」(おっしゃる)があれば、その敬意は答えて「おっしゃった人」に向けられたものです。

 

主語が省略されている場合、文の述語に尊敬語が使われていれば、その主語は「敬うべき人」であることが見抜けます。

また、二重敬語が使われている場合は、主語がかなり位の高い人(天皇あるいはそれに近い人)です。

そのようなかなり位の高い人は自分の行動であっても尊敬語を使う場合があります。

 

謙譲語~「行動を受ける人」への敬意~

「謙譲語」は話し手の「行動を受ける人」が「身分の高い人」であるときに使います。つまり「文の主語」が「話し手」の場合に使います。

これは会話文であれ地の文であれ「誰」への敬意ということでは「文の述語」の行動を受ける人への敬意となります。

たとえば、「話す」のなら「話を聞いている人」への敬意

「食べる」のなら「食べ物を提供してくれた人」への敬意となります。

○ありつるやう啓すれば、

と謙譲語「啓す」(申し上げる)があれば、その敬意は「申し上げた相手」に向けられたものです。

 

例文の出典・意味

[枕草子]ことの次第を申し上げれば、

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

『玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする』の現代語訳と解説。

  これは新古今和歌集で詠まれている「玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする」という歌です。...
新井光樹 4865  views

センター古文で高得点をとる3つのポイント!

センター試験の国語は現代文100点、古文50点、漢文50点の計200点満点で構成されていますが、全体の4分の1を占...
fireflower 3176  views

なりの見分け方とは?伝聞推定と断定の違い|古文勉強法

こんにちは。塾講師めるです。 今回は「助動詞『なり』の見分け方を教えて!」という質問に答えていきます! 伝聞推...
める 10090  views

頻出単語!1月から12月まで古典単語で書ける?

こんにちは。塾講師めるです。今回は「1月~12月って古典ではなんて言うの?」という質問に答えていきます! 古典で...
める 5580  views