Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cb Loading...
DEWのプロフィール画像

数学的帰納法のわかりやすい例題!コツを覚える|数学勉強法

DEW
2804 views

数学的帰納法の証明とは、簡単に説明すると、

 

1:まず出発点となる命題を証明する 

2:直前の命題が正しければ、次の命題も正しいことを証明する

 

この2つを証明することで、全ての場合の命題が正しいことを証明するという手法です。

特に自然数についての証明や、数列を解く際の最終手段などに用いることができます。

 

少し回り道な手法ではあるのですが、上手く使えば確実に問題を解くことができます。

使いこなせることに損はないので、ぜひここでマスターしましょう。

 

例題を見てみましょう。

 

例題

が正の整数のとき,次の等式が成り立つことを証明せよ.

 

 

これは皆さんも一度は見たことがあるシグマの公式ですね。

これを数学的機能法で解いてみます。

 

(Ⅰ)のとき

 

 

よって成り立つ。

 

(Ⅱ)で与式が成り立つと仮定すると

 

 

両辺にを加えると

 

 

よってでも成り立つ。 

 

 

以上(Ⅰ)(Ⅱ)より、全ての正の整数に対して等式は成り立つと言える。 終

 

 

このようにステップを踏んで証明することができました。

これだけだと大したことないと思うかもしれませんが、室はこれは画期的な解法です。

何故なら、一般式を強引に予想して、それを証明するという荒業ができるからです。

 

例えば、以下のような例題を考えます。

 

例題

 

で表される数列の一般項を求めよ。

 

もちろん数列をきちんと勉強していれば簡単に解ける問題ですが、

もしどうやって解くかが分からなくなってしまったとします。

そんなときに、強引な解法として数学的帰納法が使えるかもしれません。

 

を1から順番に式に当てはめていくと

 

 

ここから、一般式は以下のように表せると予想できる。

 

 

(Ⅰ)のとき

 

 

よって成り立つ。

 

(Ⅱ)で成り立つと仮定すると

 

 

よってでも成り立つ。

 

(Ⅰ)(Ⅱ)より、全ての正の整数に対して等式は成り立つと言える。 

 

以上より、

 

 終

 

 

この例題はちょっと極端なので、普通に漸化式を解いた方が簡単ですが、

もう少し厄介なものでも、もし一般式を予想することができれば同じ解法ができます。

 

この方法の特徴は、ゴールが見えているので解くのは簡単だということです。

(もちろん、予想が外れていたらアウトですが…)

 

最初から何でもこの方法で解くのはおススメできませんが、行き詰ったときの

最後の手段として持っておくと安心ですので、上手く使っていきましょう。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

ミライプレイスWithdom

関連記事

秋の絵のプロフィール画像

微分とは?微小時間,変化量がわからん人へ!|数学勉強法

「微分って何?何のためにやるの?」という疑問にお答えしたいと思います。 微分は図やモノでのイメージがわかないため、私も苦手意識を持っていました。 微分の使い道を知った今、微分が必要だと実感してすっ
1427views by 秋の絵
新井光樹のプロフィール画像

極値を持つ条件を3次関数の導関数から学ぼう!|数学勉強法

話を分かりやすくするために,3次関数に限っての説明をしよう。   関数f(x)=x3-6x2+9x+3 の極値は,f’(x)=3(x-1)(x-3) だから 増減表を作ってx=1で極大値,x=3で
7563views by 新井光樹
fireflowerのプロフィール画像

センター試験で高得点を取るには時間配分が大切|数学勉強法

はじめに、ここで書くのはある程度基礎が固まっている人向けです。 基礎が固まってない場合はひたすら問題を解いて基礎を身につけましょう。 センター試験ははっきり言って基礎さえ固まっていれば9割取れます
1347views by fireflower
fireflowerのプロフィール画像

二項定理の要点は係数!基礎から徹底解説します|数学勉強法

数学Ⅱに入ってすぐに出てくる二項定理ですが、意味もわからずただ式を覚えている人は少なくないんじゃないでしょうか? ここでは二項定理について説明していきましょう。   その前に組合せを表すCという
7406views by fireflower