Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
2015/12/22 14:58 更新
クニミツのプロフィール画像

あなたは答えられる?「三権分立」の提唱者は?

374  views
クニミツ

例題

 

三権分立を提唱した人物を以下のA~Dから選べ。

A ロック

B モンテスキュー

C レーニン

D ホッブズ

 

解き方

政治経済を学習するに当たって、「三権分立」は絶対に抑えておきたいフレーズですよね。

三権分立には「立法権」、「行政権」、「司法権」の3つがあります。

 

それぞれの役割としては・・・

「立法権」:法律を制定する

「行政権」:立法で制定された法律を執行する

「司法権」:法律を適用するかどうかの裁定を行う

であり、ポイントはそれぞれの権利の担い手はすべて別々であるということです。

 

日本の場合、立法権は「国会」が担い、行政権は「内閣」が担います。

そして、司法権は裁判所が担っています。

 

実はこれらはかつて、すべて同一の個人や集団が握っていたため、

独裁的になることもしばしばあり、問題化していました。

そこで現在のように、3つの権利をそれぞれの担い手が保有しようという理念が提唱されたのです。

その理念を提唱した人物こそ、「法の精神」を著したモンテスキューなのです。

 

というわけで、正解はBのモンテスキューでした。

三権分立を提唱したのはモンテスキュー。

「法の精神」という著作も頭に入れておきたいですね

 

 

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

否定表現!部分否定と完全否定の違いとは?|英語勉強法

英語にはいろいろな否定表現があります。 not をつければいいというものだけではありません。 しかし、否定表現...
hiloaki 1016  views

仮定法過去 wishとcouldの使い方!|英語勉強法

仮定法というのは、英語の中でもちょっとややこしい分野です。 ここではそんな仮定法の一つの形である、I wish ...
hiloaki 841  views

助動詞+have+過去分詞の使い方と略し方!|英語勉強法

英語の助動詞を勉強すると、助動詞+have+過去分詞という形をよく見かけると思います。 この形を勉強することは、...
hiloaki 6082  views