塾・予備校の評判・口コミ・合格実績

学習塾・予備校検索とキャリア教育・教育改革の最新情報のポータルサイト 塾・予備校を探す 塾・予備校運営講座 勉強記事

第3文型(SVO)って何?第3文型(SVO)の決まりごとと判別方法!

第3文型の説明をしていくよ。この第3文型をしっかりとできるようになったら、ほとんどの文章の構成は理解できるようになる。だって、長文のほとんどがこの第3文型で書かれているんだから。びっくりでしょ。

目的語が肝心!

第3文型といえば、目的語!!!目的語って何?って思う人もたくさんいるのではないでしょうか。目的語は日本語で考えてみると簡単なんだけど、例えば

「私は食べます。」とか

「彼は好きなんだ。」とか

聞いたらみなさんはどうする?

正直、これを第3者的に聞いたとしたら俺は「イライラ」してしまう。なんでかわかるよね・・・だって、何を食べるんだーーーとか何が好きなんだーーーーって思わない???そこを知りたくなる。

そう!!!その「何を」とか「何が」が目的語ってわけ。

じゃあそれをそのまま英語に直してみると、

I eat.

He likes.

これって文章として「イライラ」しない??してほしい、てかしてくれ。してくれないと人間じゃなくなるー。

さっき、日本語で考えたように英語でも同じだよ。eatって言われたら「何を」だし、likeって言われたら「何を」だし。そう目的語が必要なの。絶対に!!!だから、

I eat an apple.とか

He likes his friends.とかしてあげることで文章として成立する。そう、これが第3文型なんだ。

そして第3文型を判断していくのに必要なのが自動詞他動詞の区別なんだよ。自動詞は目的語をとらない動詞、他動詞は目的語が絶対に必要な動詞のこと。これは、個別で説明することにしよう。

大事なことは、ほとんどの文章がこの第3文型で書かれているということ。つまり、知らないとまったく歯が立たなくなること間違いない。

次は第4文型!!

第4文型(SVOO)って何?第4文型(SVOO)の決まりごとと判別方法!

 他にも文型の記事あります

第1文型をもう一度確認したい人はこちらへ

第2文型をもう一度確認したい人はこちらへ

第4文型なんてもう知ってるよ!!って人はこちらへ

文型の基本に戻りたい人はこちらへ