Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/21 22:42 更新
ayaka1123のプロフィール画像

ゲルマン民族とローマ帝国の支配力低下について|世界史勉強法

369  views
ayaka1123

はじめに

ゲルマン民族の大移動が始まり、一時はローマ帝国に保護されていた西ゴート族は

さらに良い条件を持つ土地を目指して移動を繰り返しました。

 

そして、378年アドリアノープルの戦いでローマ軍を打ち倒し、418年西ゴート王国を建設するのです。

 

では、なぜローマ帝国に保護されていたような西ゴート族が国を建てるほどになったのでしょうか。


それには、ローマ帝国の支配力の低下が関係しているのです。

 

 

■ローマ帝国の支配力低下

まず、395年にはローマ帝国が東西に分裂してしまいます。

 

この状態になってしまうと、その他のヴァンダルやブルグント、フランクなどといった部族たちも

ライン川を渡ってガリア地方へと侵入し、それぞれが国家を形成していきました。

 

その頃のローマ帝国はどうなったのかというと、東西に分裂した後に皇帝権の衰退とゲルマン人の侵略によって

西ローマ帝国は勢力を弱め、ゲルマン人傭兵隊長のオドアケルによって、476年に滅んでしまいます。

 

一方の東ローマ帝国は、あまりゲルマン民族に侵入されなかったので、それからおよそ1000年は滅亡せずに在り続けました。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

中世ヨーロッパ史のまとめを教皇とともに解説!|世界史勉強法

中世ヨーロッパ史では教皇権の伸張から衰退までの流れを理解することが重要ですが、 中世ヨーロッパ史は近現代史に比べ...
otn 1463  views

「カノッサの屈辱」って何なの、何があったの、何がおきたの?

ローマ教皇の権威を象徴するよう事件として教科書に書かれているよね。 ローマ教皇グレゴリウス7世と神聖ローマ皇帝ハ...
drif 2347  views

東ローマ帝国がビザンツ帝国に?その背景とは|世界史勉強法

最後までローマ帝国のつもりだった ローマ帝国は領土が広くなりすぎて、東西に皇帝を置いて統治を始めたんだ。 その...
drif 1219  views

ベルリン封鎖とベルリンの壁の違いとは一体!|世界史勉強法

■ドイツの降伏と戦後の連合国による統治 ナチスのヒトラー率いるドイツは1945年に白旗を上げて連合国に降参! ...
drif 1913  views