武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

ゲルマン民族とローマ帝国の支配力低下について|世界史勉強法

はじめに

ゲルマン民族の大移動が始まり、一時はローマ帝国に保護されていた西ゴート族は

さらに良い条件を持つ土地を目指して移動を繰り返しました。

 

そして、378年アドリアノープルの戦いでローマ軍を打ち倒し、418年西ゴート王国を建設するのです。

 

では、なぜローマ帝国に保護されていたような西ゴート族が国を建てるほどになったのでしょうか。


それには、ローマ帝国の支配力の低下が関係しているのです。

 

 

■ローマ帝国の支配力低下

まず、395年にはローマ帝国が東西に分裂してしまいます。

 

この状態になってしまうと、その他のヴァンダルやブルグント、フランクなどといった部族たちも

ライン川を渡ってガリア地方へと侵入し、それぞれが国家を形成していきました。

 

その頃のローマ帝国はどうなったのかというと、東西に分裂した後に皇帝権の衰退とゲルマン人の侵略によって

西ローマ帝国は勢力を弱め、ゲルマン人傭兵隊長のオドアケルによって、476年に滅んでしまいます。

 

一方の東ローマ帝国は、あまりゲルマン民族に侵入されなかったので、それからおよそ1000年は滅亡せずに在り続けました。

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404