Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
>
2015/12/21 21:44 更新
クニミツのプロフィール画像

比例式は「=k」を使って簡単に解ける!?|数学勉強法

1008  views
クニミツ

例題

のとき、この式の値を求めよ。(東北学院大)

 

解き方

このような型式の問題に出くわしたら、「あっ!比例式だ」とひらめけば、

もう答えはすぐそこまで見えています。

 

比例式のポイントは 「=k」

合言葉のように覚えておくと、便利です。

つまり

とおけば、a=bk、c=dkと変形することができるという手法です。

 

この手法を利用して、

とすれば、

a+1 = k(b+c+2)   (1)

b+1 = k(c+a+2)   (2)

c+1 = k(a+b+2)   (3)

 

(1)~(3)の3つの式が成り立ちます。

これらをすべ足し、(a+b+c+3)でくくると、

(a+b+c+3)(1-2k)=0 (4)となります。

 

あとは、(4)の式が成立するためには、

(a+b+c+3)の値が0であるか、(1-2k)の値が0になる必要があります。

前者であればa+b+c+3=0とおき、

a=-b-c-3と式を変形して、の式に代入してやれば良いのです。

これをbの場合、cの場合とそれぞれで求めます。

後者であればとなりますから、(1)~(3)の式に代入して、それぞれを求めれば良いわけです。

 

というわけで答えは、

a+b+c+3=0ならば -1

a+b+c+30ならば、 となります。

 

比例式にすれば良いということに気がつけば、

あとは連立方程式を解くような感覚で、問題を解いていくことができます

特徴的なこの型式を見たら「比例式」!これがポイントです。

 

 

 

 

 

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

1/6公式の使い方とは?積分せずに面積を出す|数学勉強法

時間の短いセンター試験では計算はできるだけ短時間に終わらせたい・・・。 そこで役に立つ公式を紹介していきます。今回...
受験道公式 1114  views

微分とは?微小時間,変化量がわからん人へ!|数学勉強法

「微分って何?何のためにやるの?」という疑問にお答えしたいと思います。 微分は図やモノでのイメージがわかないため...
秋の絵 1231  views

センター試験で高得点を取るには時間配分が大切|数学勉強法

はじめに、ここで書くのはある程度基礎が固まっている人向けです。 基礎が固まってない場合はひたすら問題を解いて基礎...
fireflower 1204  views

二項定理の要点は係数!基礎から徹底解説します|数学勉強法

数学Ⅱに入ってすぐに出てくる二項定理ですが、意味もわからずただ式を覚えている人は少なくないんじゃないでしょうか? ...
fireflower 5920  views