Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/21 18:02 更新
ayaka1123のプロフィール画像

ウィーン体制!メッテルニヒによる弾圧について

733  views
ayaka1123

■ウィーン体制とメッテルニヒ

ヨーロッパ各国の支配者層が、自分たちの権力を取り戻し手堅く政治を行おうというウィーン体制にとって

対抗する自由主義やナショナリズムは、非常に煩わしい存在でした。

 

そこに登場したのが、メッテルニヒです。

彼は、ウィーン体制の主導者的存在で、多民族国家のオーストリアの宰相だったので

その権力を使って、これらの思想を支援する運動を徹底して弾圧していったのです。

 

 

 

■各地の抵抗運動

ブルシェンシャフト(ドイツ)

ブルシェンシャフト(ドイツ学生同盟)は、1815年にドイツの統一と憲法制定を望み、イエナ大学で結成した学生組合になります。

1817年に、宗教改革300年祭を記念した大集会がヴァルトブルク城の近くで開かれ、自由主義とナショナリズム運動の勢力が増したのです。

 

※マルティン・ルターが95箇条の論題を掲示した1517年に、宗教改革がはじまったということも頭に入れておきましょう。

 

これに対してメッテルニヒと各国の君主たちは、この運動を弾圧するため1819年にドイツ連邦議会でカールスバート決議を既決し

言論統制や大学監視を行うことで、ブルシェンシャフトを強制的に解散させたのです。

 

カルボナリの蜂起(イタリア)

19世紀に南イタリアで結成された、炭焼職人の組合にカモフラージュした秘密結社が、カルボナリ(炭焼党)です。

 

急進的な自由主義者で形成されたカルボナリは、分裂状態にあったイタリアの統一と独立を目指し、立憲自由主義運動を行い

1820年にナポリ、翌年の1821年にピエモンテで武力蜂起しましたが、メッテルニヒが持つオーストリア軍の弾圧によって崩壊してしまいました。

 

立憲革命(スペイン)

1820年に、ウィーン体制で復活を果たしたブルボン朝が支配するスペインでは、軍の指導者であるリェーゴ大佐

憲法を取り戻すために革命を起こしました。

 

これによって、1812年に制定されたカディス憲法を無事復活させることが出来ましたが、この革命が拡大することを懸念した神聖同盟が

ヴェロナ会議でフランス軍を送り込むことを決め、やがて鎮圧されてしまうのです。

 

デカブリストの乱(ロシア)

イタリアと同じように、ロシアでも秘密結社が1825年12月に自由主義貴族による武装蜂起を起こしました。

この反乱は、ロシア語で12月を意味するデカーブリからデカブリストの乱と名づけられました。

 

ナポレオン戦争を経験していた彼らは、西ヨーロッパの発展状況を知り、ロシアがどれほど遅れているのか思い知らされたのです。

 

なので、フランスなどから得られた自由主義思想を根底に置き、憲法の制定や農奴制、ツァーリズムの廃止などを目指して反乱を起こしましたが、

これもロシア皇帝のニコライ1世が鎮圧してしまいます。

 

こうして、1810年代~1820年代にヨーロッパ各地で発起したウィーン体制に対する数々の抵抗運動は、メッテルニヒと各国の君主たちの権力で

全て抑え込まれてしまったのです。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

南下政策をロシアがした理由とは?簡単に解説|世界史勉強法

ロシアは、不凍港(凍らない港)を目的として南下政策を始めた。 大国ロシアが港を得て海洋進出をしてくることは、当時...
小形雄大 1571  views

アークライトの水力紡績機って何が凄いの?|世界史勉強法

■産業革命に貢献したアークライトの水力紡績機 アークライトはイギリスの発明家で、1769年に水力紡績機を発明した...
drif 1032  views

ウィーン体制をわかりやすく!ナショナリズムも|世界史勉強法

はじめに ウイーン体制とは、社会をフランス革命以前の状態に戻し、ヨーロッパ各国の支配者層たちが権力を戻そうとする...
ayaka1123 710  views

キューバ危機ってなに?核戦争の脅威とは?|世界史勉強法

■「キューバ危機」ってなんだ?? キューバ革命、1959年。 キューバ危機、1962年。……こうして列挙するだ...
金谷レイ 2042  views