武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>
>

偏微分を用いた法線ベクトルの求め方まとめ|数学勉強法

法線ベクトルを求める場合、x、yそれぞれの偏微分をすることで簡単に求められます。

 

例題

+y=1の(2,0)における法線ベクトルを求めよ。

 

解き方

法線ベクトルは、f(x,y)=0の曲線で、

(x,y)の座標においてその1つは(fx,fy)となる・・・というのが定義です。

 

つまり、x、yのそれぞれを偏微分すれば良いのです。

 

例題において、xに関して微分すると、fx=2xとなります。

同様にyに関して微分すると、fx=2yとなります。

これらの(2,0)の座標での法線ベクトルということになるので、

xに2を、yに0を代入すると、fx=2xより、fx=4となります。

同じように、fy=2yなので、fy=0となります。

 

これにより、例題の法線ベクトルは(4,0)となるのです。

 

つまり、f(x,y)=0の形に変換してやることで、

どんな難しい関数であっても、簡単に法線ベクトルが求められるというわけです。

法線ベクトルを知ることで、接戦の方程式も求められるので、応用範囲が広くなること間違いありません。

 

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404