Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/20 20:15 更新
ふらったーのプロフィール画像

司法と立法と行政の役割を分かりやすく解説!|政治経済勉強法

8968  views
ふらったー

日本の国の権力は三権分立と呼ばれる形態をとっています。

司法権・立法権・行政権に分かれているので三権分立です。

 

国民主権である以上、それぞれどういう内容かを理解していなければなりません。

今回は、それぞれの内容と相互の関係性について解説します。

 

1.それぞれ何をしているの?

司法とは・・・。

→法の執行を担当。

裁判所のこと。

 

立法とは・・・。

→法律を作成を担当。

国会のこと。

 

行政とは。。。。

→実際の行政サービス(※)の管理・統率を担当。

内閣のこと。

(※文科省、国交省などがある行政府のこと。)

 

2.それぞれの関係は?

3つの機関はお互いを監視し、抑制の役割を担っています。

三角形の頂点にそれぞれを置くとわかりやすいかもしれません。

 

司法の役割

→行政の命令や処分の違憲審査。

→国会の立法に対する違憲審査。

 

立法の役割

→裁判官に対する弾劾裁判。

→行政の審査。内閣総理大臣の不信任案提出及び指名。

 

行政の役割

→最高裁判長、裁判官の指名。

→衆議院の解散。国会の召集。

 

また、国民はそれぞれに対して主権を持っており

司法に対して、裁判官への国民審査権

立法に対して、選挙権

行政に対して直接の権利はないが、世論調査によって行政の意向をある程度操作。

以上のことを行えます。

 

練習問題

正しいものはどれか考えてみましょう。

①日本の国の権力は三つに分立しており、相互に役割を持つことはない。

②行政は内閣のことであり、法律を作成する。

③立法は裁判所のことである。

④司法では他の権力に対する違憲審査を行う。

 

正解と解説です。

正解は④です。

①→相互に抑制の役割を持っています。

②→実際の行政サービスを担当します。法律は立法権によってつくられます。

③→立法とは国会のことです。

 

 

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

三権分立の図をわかりやすく解説してみた!|政治経済勉強法

【国会と内閣】 ・国会は、内閣総理大臣を指名できる。      内閣不信任案を提出することができる。     ...
小形雄大 3893  views

憲法を改正する方法とは?簡単要点まとめ!|政治経済勉強法

集団的自衛権について、よくメディアで取りあげられていた時 「憲法改正」って言葉を何度も耳にしたよね! 実際、ど...
小形雄大 646  views

三権分立における司法権の独立を簡単に説明|政治経済勉強法

1)まずは司法権について理解しましょう 法にもとづいて争いごとを解決することを司法といい、司法権は、裁判所だけが...
tkyk1 1316  views

裁判所における上告と上訴の違いってなに?|政治経済勉強法

1)判決に不服があるときは上級の裁判所に訴えます 第一審の裁判に不満があるときは、第一審の裁判所の上級裁判所に不...
tkyk1 516  views