Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
2015/12/20 19:36 更新
きゅりーのプロフィール画像

2次関数の対称移動の基本!点対称・線対称とは|数学勉強法

486  views
きゅりー

放物線を y 軸に平行な線( x = [定数] で表される線)を軸に対称移動させる問題は、軸に対して頂点を対称移動させるだけで解けます。

もちろん、式変形ができることが前提ですので、 ⇔ の変形が苦手な人は、先に「放物線を平行移動・対称移動させるときに必要な式変形」を見て練習しておいてください。

 

例題)放物線  を  を軸に対称移動した放物線を求めよう。

放物線はもともと左右対称な形をしています。なので、y 軸と平行な線( x = [定数] で表される線)を軸に対称移動させても、x 軸に沿って平行移動させた場合と形は同じになります。

これは放物線を表す式において、 の係数が変化しないということです。

変化するのは頂点だけなので、頂点がどこへ移動しているべきかを考えましょう。

 

例題について考える前に、まず一般的に、点 ( a , b ) を x = c で表される線を軸に対称移動させる場合を考えましょう。移動後の点の座標を ( a' , b' ) とします。

まずイメージをつかむために以下の図を見てください。

これを見れば、a' , b' がそれぞれ a , b を用いてどう表せるかすぐにわかりますね。(今回は a < c として図を描きましたが、a > c の場合も同じになります。)

a' = a + 2 ( c - a ) = - a + 2 c

b' = b

これをもとに、例題の放物線の頂点を移動させましょう。

 

与えられた放物線の頂点の座標は ( 2 , 1 ) ですね。これを x = 3 を軸に対称移動させた点は、

( - 2 + 2 × 3 , 1 ) = ( 4 , 1 )

となります。

あとは、もとの式の頂点の座標部分だけ書きかえれば完成です。

答え)

 

以上、とても簡単ですね。

なぜ平行移動だけでいいのかもう少し詳しく確認しておきたいという人は「(補助)線対称移動の仕組み」を読んでみてください。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

否定表現!部分否定と完全否定の違いとは?|英語勉強法

英語にはいろいろな否定表現があります。 not をつければいいというものだけではありません。 しかし、否定表現...
hiloaki 1016  views

仮定法過去 wishとcouldの使い方!|英語勉強法

仮定法というのは、英語の中でもちょっとややこしい分野です。 ここではそんな仮定法の一つの形である、I wish ...
hiloaki 843  views

助動詞+have+過去分詞の使い方と略し方!|英語勉強法

英語の助動詞を勉強すると、助動詞+have+過去分詞という形をよく見かけると思います。 この形を勉強することは、...
hiloaki 6127  views