武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

金属結合の特徴!強さや展性・延性に注意せよ!|化学勉強法

金属結合、イオン結合、分子間結合…

覚える特徴もたくさん、似たような言葉ばっかり…

でも、大丈夫!ポイントさえ押さえてしまえば、

テストの点数ゲットにすぐにつながるのも暗記問題のいいところ!

今回は、これだけは押さえて!というポイントだけ、お話しますね!

 

「金属結合」の成り立ちは?

金属原子」と「金属原子」が結合(名前そのままなんですね!覚えやすい!)

 「金属原子以外」のものとは結合しないんです!

 

「金属結合」でできた物質の特徴は?

1.展性(金属が圧力をかけられた時、バラバラになったりせずに、薄く広げられる性質)

 例)金(Au)がたたかれ、広げられると、金箔のように薄くなる

 

2.延性(金属が引っぱられてた時に、ちぎれたりせずに、長く細く伸ばされる性質)

 例)胴(Cu)が引っぱられると、銅線のように長く細くなる

 

⇒つまり、「金属」は硬いイメージがあるかもしれないけれど、

 

「金属結合」はとても柔らかい結合なんですよ~

3.金属光沢があります

4.融点・沸点は、『高い

 

【+α】なんでそんな特徴があるんだろう?と思ったら、ここから先も読んでみてね!

「金属結合」はとても柔らかい結合だと説明しましたよね?

金属結合は、繋がっている部分が柔らかいから、力を加えても、ゴムのように自由に変形できるんです。

つまり、自由に変形して、加えられた力を分散できるから、繋がっている部分がなかなか切れない!

ということは…

繋がっている部分「結合」そのものは強いのが金属結合」なんです。

 

では、さらに「融点・沸点」が高い特徴についてですが、

融点や沸点というのは、その物質を熱したときに、物質の形態が変わる温度ですね!

液体になったり…気体になったり…そのためには、物質の結合を切って、細かくしなければなりません。

でも、「金属結合」の結合はとても強いです!

だから、その強い結合を切るためには、たくさんのエネルギーが必要になることはイメージできますか?

たくさんのエネルギーが必要だから、自然と融点や沸点も高くなってしまう…というわけなんです!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404