Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/17 22:51 更新
ayaka1123のプロフィール画像

ペルシア戦争!ギリシアとアケメネス朝を説明!|世界史勉強法

473  views
ayaka1123

≪巨大帝国≫アケメネス朝ペルシア

発展と共に東オリエント諸国と交易を始めたギリシアは、その後様々な交流を行います。

 

ですが、この時期のオリエントにはギリシア地域を支配下に置こうとする

アケメネス朝ペルシアという巨大帝国が存在していました。

 

ダレイオス1世について

ダレイオス1世が治めていた当時のアケメネス朝ペルシアは最盛期で、

王の道』と呼ばれる首都スサから征服地であるリディアの首都サルデスまでの幹線道路を建設したり、

領土内において貨幣の使用を積極的に促すことによって、巨大帝国を作り上げました。

 

さらに、アケメネス朝は徐々に西方のギリシア地方を支配しようと目論むようになり、

イオニア諸都市の支配をきっかけに、傀儡政権を実現するため、ギリシアの各ポリスに

僭主という独裁者を生み出そうと企んでいました。

 

ペルシア戦争勃発までの経緯

こうしてギリシア社会と巨大帝国アケメネス朝ペルシアの対立が深まっていく中で

紀元前499年、イオニア地方のミレトス(紀元前494年に占領・破壊された都市)を中心として

ダレイオス1世の支配からの解放を望む反乱が起こるのです。

 

この反乱は一時的なもので、圧倒的な国力によって鎮圧されました。

しかし、専制政治に対抗する民主制ポリスの代表のアテネが

この反乱に援軍を送ってしまったことで、状況は悪化してしまいます。

 

ギリシアの他のポリスが、支配地域の反乱軍に加担したことを知ったダレイオス1世は

ギリシア侵攻を本格的に始めてしまうのです。

 

このように、ギリシアの諸ポリスとアケメネス朝ペルシアの間で、3回に渡って行われた反乱がペルシア戦争になります。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

中世ヨーロッパ史のまとめを教皇とともに解説!|世界史勉強法

中世ヨーロッパ史では教皇権の伸張から衰退までの流れを理解することが重要ですが、 中世ヨーロッパ史は近現代史に比べ...
otn 1437  views

「カノッサの屈辱」って何なの、何があったの、何がおきたの?

ローマ教皇の権威を象徴するよう事件として教科書に書かれているよね。 ローマ教皇グレゴリウス7世と神聖ローマ皇帝ハ...
drif 2315  views

東ローマ帝国がビザンツ帝国に?その背景とは|世界史勉強法

最後までローマ帝国のつもりだった ローマ帝国は領土が広くなりすぎて、東西に皇帝を置いて統治を始めたんだ。 その...
drif 1204  views

ベルリン封鎖とベルリンの壁の違いとは一体!|世界史勉強法

■ドイツの降伏と戦後の連合国による統治 ナチスのヒトラー率いるドイツは1945年に白旗を上げて連合国に降参! ...
drif 1893  views