武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

aとtheの使い分けとは?冠詞について説明!|英語勉強法

皆さんは、「a」と「the」の違い、使い分けを知っていますか?

「a」と「the」の違い、使い分けを知らず勉強を進めてしますと、苦労することなりかねません。

なので、今回の記事で説明させてもらうのは、

「a」と「the」の違いについてです。

「a」と「the」の違い、使い分けをマスターしましょう!


「a」と「the」の決定的な違いは


その単語を【認識しているかどうか】

ということ。


例えば

「あれはボールです。」

だからなんだっていうツッコミはうけつけません(笑)

この文を見ただけではボールが1個ということしかわかりませんね。

それでいいのです。


英文は「That is a ball.

1個のボール ということを説明するとき''a''ball などというように ''a''をおいてあげます。


ところが


「そのボールは黒いです。」


さっきのボールは黒かったのです。


このとき英文は「The ball is black.」


さっき話してた[その]ボールの説明をしたい、その時は''the''をおいてあげます。



それは今私たちが「あのボール」というのを認識しているから、「あのボール」の説明のための''the''となります。


''the''はもう一つ この世に一つしかないもの 特定のものにも使われます。


たとえば 地球 月 東京タワー など。


タワーならたくさんあるけど、東京タワーは一つしかないですよね?


''The'' Tokyo tower となります。



つまり、''a''は1つの何か ちゃんと1つ2つと数えられるものです(2つ以上は balls など''s''がつくため ''a''はいりません。)


''the''は説明があったもの、または最初からただ一つしかないもの。

 

まとめ

なんとなくわかりましたか?


ぶっちゃけていえば日本語に訳して「その」ってつくものは''the''が使えますよ。(笑)


water など数えられないものでも

「○○山って知ってる?そこでとれた その水は美味しいんだ~」

これも同じで[その]って使われているところが「the water」となります。


焦ることはありません

色々な例文を見ていたら すぐにコツをつかんですっとわかる日がきますよ!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404