塾・予備校の評判・口コミ・合格実績

学習塾・予備校検索とキャリア教育・教育改革の最新情報のポータルサイト 塾・予備校を探す 塾・予備校運営講座 勉強記事
2017/3/30

英単語の覚え方とは?効率的な暗記方法を知ろう|英語勉強法

入試の出題者だって人間

2人で行うじゃんけんの勝率は絶対に50%だと数学で習ったと思います。

しかし、相手が出すのがグーかチョキかパーか分かっていたらどうでしょうか。

当然、それに勝つものを出せばいいわけですから勝率は100%になります。

実際はそんなことはあり得ないからじゃんけんは公平なゲームなんですけどね。

でも相手が人間なら、傾向はあるはずです。「最初はグーばっかりだす」とかですね。

そうすれば勝率は少しぐらい上げれるのではないでしょうか。

入試問題も同じです。

問題のタイプを研究するために過去問を活用している方は多いと思います。素晴らしいことなのですが、

しかしそれでは不十分です。

 

実際に過去に出題された長文の中で使われている単語まで傾向がはっきりと出ます

なぜなら出題者だって人間だからです。

好きな単語、使いやすい単語は人によって違いますからね。

単語帳は様々な大学の出題される順に並べられています。

しかし、志望校が決まっているなら志望校以外に出てくる単語まで覚える必要はありません。

過去問から単語を覚える方法は簡単です。

問題を解きながら分からなかった単語に下線を引いておきます。

それをノートにリストアップしていくだけです。

意味を調べるときに語法なども一緒にノートに記しておくと完璧ですね。

 

このように過去問は活用し放題です。

なかなか赤本は高価なので精いっぱい活用しましょう!!