Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
>
2015/12/3 22:18 更新
fireflowerのプロフィール画像

位置エネルギーの基準の選び方で重力をマスター|物理勉強法

1172  views
fireflower

ここでは重力に関する位置エネルギーの話をします。

 

よく力学の問題をエネルギー保存則で解くときに位置エネルギーが登場しますね。

この位置エネルギーの基準(0になる位置)はどこにすればいいんでしょうか?

 

答えはタイトル通りどこでもいいです。

 

海抜0mのところでもいいし、富士山の上でもいいんです。

 

なぜでしょうか? 

それは、エネルギー保存則では変化前と変化後の総エネルギーが等しいということを利用するのでどこを基準にしても変化前と変化後の差は変わらず、何の問題もなく計算できるからです。

 

具体的にやってみよう。質量m、重力加速度g、高さhのとき位置エネルギーはmghと表せるので

 

高さ0mを基準としたときの0mと20mのエネルギーの大きさの差は  mg(20-0) =20mg

高さ10mを基準としたときの0mと20mのエネルギーの大きさの差は mg×10 - mg×(-10)=20mg

 

確かに差は同じになりましたね!

なので計算しやすいように位置エネルギーの基準を決めていいんです!!

だいたいは地面など高さ0mのところか、一番高いところにすることが多いですね。あとは、何かが運動する最下点でしょうか。

 

とにかく自分で自由に決めて構わないのが位置エネルギーです。

 

どこを基準にすれば計算が楽になるか、ですがそれは多くの問題を解いて勘を身につけてください。それが一番の近道です。

 

この手の問題は解けば解くほどできるようになります! いっぱい問題を解きましょう!!

 

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

力学の運動エネルギーの定義をわかりやすく|物理勉強法

力学でめっちゃ大事な単語!運動エネルギーの定義って理解してる? まだ〜、という方はこの機会に覚えちゃいましょう!絶...
kuma 512  views

エネルギーと仕事って何?力学をマスターしよう|物理勉強法

  エネルギー、って聞いて漠然とはわかるけど実際説明してって言われるとわからないよね。 もちろんエネルギーとは...
kuma 340  views

力積とは?これだけ覚えればなんとかなる!|物理勉強法

  力積って考えたときにあれ?なんだっけ?ってなることが私は多かったんだよね。みんなは違うかもしれないけど… て...
kuma 323  views

物理に出てくる『仕事』ってなに?

仕事とは…  物体に一定の力F[N]を加え続けて、その力の向きに距離s[m]だけ動かしたときの二つの積F×s ...
ゆっきー 678  views