武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

不定詞の意味上の主語とは?簡単に解説してみた|英語勉強法

参考書にはよく「不定詞の意味上の主語」という言葉がのっていますよね。

だけど、「意味上の主語って何?」と思ってしまうかもしれません。

「文の主語とはどう違うの?」という疑問がどうしても出てきてしまいます。

この「不定詞の意味上の主語」について、まずはその訳し方のポイントをつかんでいきましょう。

動詞+人+to不定詞の形で説明していきます。

 

 

例えば、

 

He told me to study English.

 

という文があるとします。

 

「彼は私に英語を勉強するように言った」という文です。

訳だけ見れば何のことはない、簡単な文章に思えます。

ですが、不定詞の意味上の主語のニュアンスを理解するには、まずは簡単な文から見てみる必要があります

 

 

上記の例で、まず文章の主語と動詞を把握しましょう。

「彼は」「言った」の部分が主語と動詞になります。(主語=He、動詞=told

 

彼が何を言ったかというと、「私に英語を勉強するように」言ったということになります。

まず「私に」というのはtoldの後にmeがきていることからわかります。

 

そして肝心の、私に言った内容ですが、これが不定詞を使ってto study English(英語を勉強するように)となります。

これは不定詞を使った表現になりますが、この不定詞の意味上の主語が何かを考えます。

 

英語を勉強する(to study English)というのは、私(me)に向かっていった言葉です。

つまり「英語を勉強する」というのは「私」がすることを想定したうえでの内容になります。

 

英語を勉強する(to study English)という不定詞の部分は私(me)の動作であることが想定されます。

つまり、「私」という主語が、「英語を勉強する」という動作をすることになり、主語動詞の関係のようになります

 

このことは、「英語を勉強する」という不定詞の部分の意味上の主語は「私」だ、ということになります。

この文章の主語である「彼」は、「私(不定詞の意味上の主語)」に「英語を勉強する(不定詞の部分)」ように言っているのです。

 

 

このように、不定詞の意味上の主語を理解するには、まず簡単な文でいいので、

不定詞の部分は誰がすることを想定して書かれたものなのか

ということをしっかりと考える必要があります。

その「誰が」という部分が、「不定詞の意味上の主語」ということになります。

 

最初はややこしいかもしれませんが、ここは非常に大事な部分です。

訳文と照らし合わせ、しっかりと理解していきましょう!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404