Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/14 9:45 更新
drifのプロフィール画像

「カノッサの屈辱」って何なの、何があったの、何がおきたの?

2316  views
drif

ローマ教皇の権威を象徴するよう事件として教科書に書かれているよね。

ローマ教皇グレゴリウス7世と神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世という人がいたのだけど、

この二人が大喧嘩して、ハインリヒ4世が屈辱的な謝罪をした事件だよ。

 

 

■当初は教会の叙任権をめぐる争い

二人は誰が教会の聖職者を任命するかでトラブったんだ。


ハインリヒ4世は、自分の言うことをなんでも聞くイエスマンの聖職者を次々と教会の重職に任命した。

そうすれば教会を自分の思うままにコントロールできて、とってもハッピーだね。


そうしたらグレゴリウス7世はガチギレしちゃって、ハインリヒ4世を破門すると言い出したんだ。


破門というのは、キリスト教徒じゃなくなることで、キリスト教徒からしたら最悪のことなんだ。

皇帝の地位も当然のように失ってしまう。

 

 

■謝罪するハインリヒ4世

これにはハインリヒ4世もびっくり仰天で、グレゴリウス7世の滞在していた城に出向いて謝ろうとしたんだ。

だけど、城門は閉じたままで会ってくれる気配すらない。

ハインリヒ4世は雪の降る中、3日間も裸足で、食事も摂らず会ってくれるのを待つしかなかったんだ。


結局、喧嘩の仲裁に入ってくれた人のおかげで、ようやく謝罪できて、破門を免れた。


皇帝とも思えぬ恥ずかしい姿を晒すことになったから、「カノッサの屈辱」という名前がついている。

尚、カノッサというのは地名だよ。1077年の事件だよ。


また、誰が聖職者を任命するかを決める喧嘩を「叙任権闘争」と呼ぶよ。

 


■ポイント

まずは、二人の名前と「カノッサの屈辱」を覚えよう。

大抵の場合はこれでオッケー。


ただ、細かいことを聞いてくるテストがあるかもしれない。

ちょっと面倒だけど覚えよう。


覚える用語は、「叙任権闘争」という言葉。

ただし穴埋めになっている場合は、「叙任権をめぐって」などと書いてね。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

中世ヨーロッパ史のまとめを教皇とともに解説!|世界史勉強法

中世ヨーロッパ史では教皇権の伸張から衰退までの流れを理解することが重要ですが、 中世ヨーロッパ史は近現代史に比べ...
otn 1437  views

東ローマ帝国がビザンツ帝国に?その背景とは|世界史勉強法

最後までローマ帝国のつもりだった ローマ帝国は領土が広くなりすぎて、東西に皇帝を置いて統治を始めたんだ。 その...
drif 1204  views

ベルリン封鎖とベルリンの壁の違いとは一体!|世界史勉強法

■ドイツの降伏と戦後の連合国による統治 ナチスのヒトラー率いるドイツは1945年に白旗を上げて連合国に降参! ...
drif 1893  views

押さえておきたい!十字軍で中世ヨーロッパの社会はどう変わったの?

十字軍の影響は大きく、近代化への道を開いたひとつの要因として考えられるため、試験にもよく出ます。 前後関係を押さ...
otn 726  views