武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

"sound","noise","tone"適当に使ってては大変!

 

''sound'',''noise'',''tone''
全て日本語では何と言うでしょう?


全て簡単に言うと、「」ですね。

 



それではどうやって使い分けるでしょうか、
今から簡単に説明していきます。

 

1. sound


普段でもサウンドトラック、などで
使ったり聞いたことありますよね?

こちらは一般的に「聞こえる音、音量」のことを''sound''と表します。

音の調子を表す単語とよく結びつきます。

I hear at the sound of the door opening.(私はドアが開く音が聞こえます。)

ドアを開ける音だったり、大きな音だったり、
様々な聞こえる音、のとき
''sound''を使います。



2.noise

こちらも聞いたことはありますか?

録音している時に「あー、ノイズが入ってる…」
とか言いません?(笑)

こちらは、「嫌な音、雑音」などのときに使います。

I hear a noise.(雑音が聞こえる)

''sound''とどうように聞こえる音なのですが
例文のように
不快感とか嫌だなーっていうような感じ、虫の羽の音とか、私はとても嫌です。
そういう時はこちらを使います。


3.tone

声のトーンが、とかいうとき使いませんか?

声の調子、音質」などはこれを使います。
会話とかもこのうちです。

He speaks in an angry tone.(彼は怒った口調で話す。)
このような使い方をします。

 



日本語では「音」
と一言で終わりですが、英語はこのように使い分けなければいけません。
でも普段私たちが使っているような言葉なので
理解すればそれほど難しくはありません。
落ち着いてえらんでいきましょう。

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404