武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

体細胞分裂と減数分裂の違いをわかりやすく!分裂の違いなんて簡単?

生体内で行われる細胞分裂には大きく分けて体細胞分裂と減数分裂があります。実際にセンター試験などでは体細胞分裂と減数分裂の違いが出題されます。

ここでは体細胞分裂と減数分裂、それぞれを対比しながらしっかりと理解をしていきましょう。

 

 

■体細胞分裂とは?

体細胞分裂とは私たちの皮膚などの細胞が増殖するときの分裂を言います。

最初の注目ポイントは分裂前にDNAが複製され2倍になっていることです。

それによって細胞が分裂してもDNAの数を減らすことなく同じ数を維持できるのです。

DNAの複製が終わると核分裂に移ります。

ここでは染色体が2つに分裂し、両極に移動します。引き続いて細胞が2つに分かれることで細胞質分裂が完成します。

 

 

■減数分裂とは?

減数分裂は精子や卵のように配偶子が形成される過程で行われる分裂です。

減数分裂は2つの連続した第一分裂と第二分裂からなり、分裂後に染色体数が半分になるという特徴を持っています。

また、第一分裂前期に2本の相同染色体が対合して二価染色体が形成されます。

この際、染色体どうしが乗換えを起こし、染色体の組み合わせが変わることで遺伝子の組換えが生じます。

これも減数分裂の大きな特徴です。

 

 

■体細胞分裂と減数分裂!押さえるべきポイント①

まず押さえるべき体細胞分裂と減数分裂の違いはその最終的なDNA量です。

グラフから分かるように減数分裂では2回の連続した分裂が生じるために第二分裂終期にDNA量が元の半分になっていることです。

体細胞分裂では最終的なDNA量は元のままです。

このDNA量が半減する時期というのも試験では問われやすいので覚えておいてください。

 

 

■体細胞分裂と減数分裂!押さえるべきポイント②

次に押さえるのは減数分裂にしか起こらないことです。


1つは減数分裂の特徴でお話した染色体の乗換えです。

遺伝子の組み合わせが変わることで配偶子の組み合わせに加えてさらに多様性が増します。


2つ目はDNA量が半減するだけでなく、染色体数も半減するということです。

減数分裂では第一分裂で相同染色体が対合するために染色体数が2n→nになります。

しかし体細胞分裂では2nのままです。

 

 

■体細胞分裂と減数分裂!押さえるべきポイント③

ここまで体細胞分裂と減数分裂の違いを中心に話してきましたが、もちろん類似点もあります。

それは減数分裂の第二分裂です。

減数分裂では第一分裂の直後に第二分裂を開始しますが、この第二分裂は体細胞分裂をして増えているだけですのでやっていることは体細胞分裂と同じといえます。

また、どちらの分裂も分裂開始前の間期にDNAを合成し、DNA量が倍になっている点は共通しています。

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404