Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
>
2015/12/10 15:32 更新
hamashoのプロフィール画像

前置詞+関係代名詞の使い方がわからない!実は関係副詞とふか~い関係が⁉︎

5291  views
hamasho

前置詞+関係代名詞、あなたは理解できていますか?何で、前置詞をつけなきゃいけないのか、関係副詞とどういう関係があるのか。

前置詞+関係代名詞であなたが抱えている疑問、この記事ですべて解決します!

比べてみる

前置詞+関係代名詞はややこしいですよね。とくに前置詞がつく場合とつかない場合はどうやって見分けるのでしょうか。
まずは前置詞がつく文章とつかない文章を比べてみましょう!

  1. This is the house which I bought. (これは私が買った家です)
  2. This is the house in which I lived before.(これは私が以前住んでいた家です)

覚えておこう!

まず、関係代名詞の前につく前置詞は、

  • もともとは関係代名詞以降の文の動詞の後ろにあったもので戻すことができる

②でいうと、This is the house which I lived in before. になります。

そしてもう一つ関係代名詞の文章の特徴は、

  • 関係代名詞の前に来る名詞は、関係代名詞から始まる文章のどこかに戻して文章を完成させることができる

というのは知っていましたか?

そして上の2つの例文でそれを行うと、

  1. (which) I bought the house. (私はその家を買った)
  2. (which) I lived in the house before. (私は以前その家に住んでいた)

というような形です。

このとき、②の文章でinがなければどうでしょう?文章は成り立ちませんよね?liveは自動詞なのでinがなければ「〜に住む」とは表せませんよ!

なので2の文章ではinが必要となり、関係代名詞ではこの位置に残った前置詞は関係代名詞の前に持ってくるルールがあるために、

This is the house in which I lived before.

という文章になってしまうのです。ちなみに前置詞の場所は訳には影響ありません。

練習あるのみ!

他にも例文で前置詞と関係代名詞の前の名詞を、関係代名詞の後ろに戻して文章を完成させる練習をしてみましょう。

  • Today is the day on which I hold a party.

    = (which) I hold a party on the day

  • That is the room in which I was doing training.

    = (which) I was doing training in the room

  • He is the reason for which I broke the window.

    = (which) I broke the window for the reason

  • This is the way in which he stole the car.

    = (which) he stole the car in the way

どうでしょう?戻せましたか?
実はこの4つの文章には前置詞+関係代名詞ということだけではないもう一つの共通点があります。気づきましたか?

共通点とは

それは、すべて「関係副詞を用いて書き換えることができる」という点です。

関係副詞は以下の公式で簡単に理解できます。

  • 関係副詞=前置詞+関係代名詞(日時、場所、理由、方法の場合のみ)

つまりそれぞれ上の例文は以下のように書き換えられます。

  • Today is the day when(=on which) I hold a party. 

 

  • That is the room where(=in which) I was doing training. 

 

  • He is the reason why(=for which) I broke the window.

 

  • This is how(=in which) he stole the car. (※howの場合は特殊で、wayを消す)

これが前置詞+関係代名詞と関係副詞のふか~い関係になります!


まとめ

  1. 前置詞が関係代名詞の前に必要かどうかは、前置詞と関係代名詞の前に来る名詞の2つを関係代名詞の後ろの文に戻して文章が完成するかどうかで判断する。
  2. 関係副詞=前置詞+関係代名詞(日時、場所、理由の場合)

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

関係代名詞と関係副詞の違いをわかりやすく説明|英語勉強法

関係代名詞と関係副詞でつまづく人が多いけど、それだけ差がつきやすいこの事項です。 違うのは代名詞と副詞なのでもう...
たにやん 1156  views

連鎖関係代名詞とは一体何者?~実は名前のわりに○○だった?!~

今回は、みんなが名前からして敬遠しちゃう文法用語を説明していきます。 連鎖関係代名詞、レンサカンケイダイメイシ。...
たにやん 5635  views

長文読解で地味に重要な「従属節」の理解

主節と従属節という言葉がありますよね?   簡単に言うと、 ①接続詞、間接疑問文、関係代名詞、関係副詞を使っ...
hamasho 2955  views

複合関係代名詞の使い方とは?問題も一緒に|英語勉強法

こんにちは、Nisshyです!! 今回ご紹介するのは、複合関係代名詞ということですが、、 ちなみに、僕は受験生...
Nisshy 641  views