武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

過去完了は時制の一致に注意して一発マスター!|英語勉強法

みなさん、完了形について完璧に理解していますか?

完了形でもなかなか手間取るのが過去完了形ではありませんか?

過去完了形とはなにか?

大きな過去です。

大きな過去とは何か?

それを過去をはるかに凌駕する過去なのです!!

 

…はい、意味わかりませんね。



過去完了形についてもうすこし真面目に説明すると、

 

①文章中に2つの過去を示す動詞(正確にはS+V)があり、

②その2つの過去の時点がそれぞれ異なる場合に、

③より新しい方の動詞はそのままの過去形である一方、より古い方の動詞はhad+過去分詞にすることで、時制の違いを明確にする文法です。

 

例文:Yesterday I lost the book which Tom had given me last month.

「トムが先月くれた本を私は昨日失くしてしまった」

 

動詞は2つとも過去を示していますが、過去の時点が昨日と先月でずれていますよね。

なのでそれを示すためにより古い方の動詞をhad+過去分詞にしています。

日本語では過去の時点の違いを動詞の形では表現しないので、英語特有の表現として覚えておく必要があります。

 

ところで、仮に「私は朝起きてご飯を食べて学校にいって風呂に入って寝た」という英文を書きたいときはどうなると思いますか?

すべて過去の時点が違いますよね。

 

そういうときは過去形、大過去、大大過去、大大大過去、大大大大過去というかたちで大が増えるたびにhadの数を増やしていきま..............というのはもちろん嘘です。


実は文章中で動詞を古いものから新しいものに並べる場合は、すべて過去形でよいのです!!!!

これはかなり大事なことです。

 

つまり「私は朝起きてご飯を食べて学校にいって風呂に入って寝た」は起きた順に古いものから書くことができるので、英語で言うと

 

I woke up and ate breakfast and went to school and took a bath and went to bed.

という形ですべて普通の過去形で問題ありません。



一方で先ほどの例文を振り返ってみると、

 

例文:Yesterday I lost the book which Tom had given me last month.

「トムが先月くれた本を私は昨日失くしてしまった」

 

ということでgivenはlostより意味の上では古いですが、文章中ではlostより後に来ています。

なのでこの場合はgivenをhad+過去分詞にする必要があります。



そしてこれはこう書くこともできます。

 

Tom gave me a book last month and I lost it yesterday.

「トムは先月私に本をくれ、私はそれを昨日失くした。」


これは古い順に動詞が並べてあるので、どちらもただの過去形で問題ないのです。




ちなみに、参考書では過去完了形のページで説明される大過去ですが、

形がたまたま一緒なだけで文法的には完了形とは全く関係がないことを覚えておくと過去完了形と大過去をごっちゃに覚えることを防げるかと思います。

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404