Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
>
2015/12/9 22:28 更新
たにやんのプロフィール画像

直接話法と間接話法の違いと見分け方とは?|英語勉強法

1053  views
たにやん

今回は、直接話法と間接話法の違いを解説していきます。

漢字4文字で難しいイメージを持ってしまいがちですが、簡単なのでこの記事でおさえてしまいましょう!


例文を見た方が分かりやすいので、初めに例文を見てみましょう。

どちらも意味は同じです。

 

・She said "I have to go there right away."

「彼女は『私はすぐそこにいかなきゃいけなかったの』と言った。」


・She said that she had to go there right away.

「彼女はそこにいかなきゃいけなかったと言った」

 

どちらが直接話法で、どちらが間接話法かわかりますか?

""(クォーテーションマーク)に注目してみてください。

直接相手の言葉を引用するのが直接話法です。

そのためsheとIは同じ人物ということになります。

 

それに対して間接話法は、相手の言った内容を書きます。

sheとsheはもちろん同じですね。

 

直接話法は小説によく出てきます。

直接話法は、文の主語とクォーテーションマークの中の主語が同じでも表記が違う場合があるので、よく考えましょう。

そこまで難しくはないはずです!

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

命令文の作り方とは?注目すべきは動詞位置!|英語勉強法

命令文は基本的に、 ①主語を省き、②文の最初に動詞の原形を置くことで表現することができます。 例えば、 Wa...
Suzuki 335  views

英文で時制は必ずしも一致するものではない?|英語勉強法

本文主節と従属節は時制を一致させようは、that節if節などが教えられたとき、繰り返し言われます。 試験のときに...
user_134956 211  views

長文読解のコツとは?段落と設問を意識しよう!|英語勉強法

「そもそも、英語の長文読解ってどうやればいいのですか?」 「英語の長文読解にコツはあるんですか?」 英語の長文...
mi-bass717 1080  views

自動詞と他動詞の見分け方は目的語に注目!|英語勉強法

自動詞と他動詞の違いって、よくわからないですよね。 わたしが高校生の頃は   「これが自動詞。覚えてね」 ...
まなか 2800  views