武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

5文型の見分け方とは?例文から学んでいこう!|英語勉強法

S=主語

V=述語

O=目的語

C=補語

 

まずはこれは、暗記して下さい。この表記はどの参考書でもされていると思います。

次に、英語の文は文型と言われる文の種類が5種類あります。

 

■①:S+V(SはVする)

He gets up early.

(彼は、早く起きる。)

 

■②:S+V+C(SはCである〔になる〕)

S=Cになります。

He is a teacher.

(彼は先生である。)

 

■③:S+V+O(SはOをVする)

He studies English.

(彼は英語を勉強している)

 

■④:S+V+O❶+O❷(SはO❶にO❷をVする)

I gave her a present.

(私は、彼女にプレゼントをあげました。)

 

■⑤:S+V+O+C(SはOを〔が〕Cと〔に〕Vする)

O=Cになります。

His parents named him Ken.

(彼の両親は彼をケンと名付けた。)

 

英語は必ずどれかの文型をとっています。

どの動詞がどの文型をとるかというのは問題を解いて暗記しかありません。

この記事を見てからは文型を意識して問題を解いてください。

 

長文を読むためにはこの文型を理解しないと訳せません!

単語さえ覚えていれば大丈夫!などど考えている人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

単語を覚えているのはもちろん、文型をちゃんと理解してこそ読めるようになるというのを心に留めて勉強して下さい!

 

文型が分かっていれば単語の意味が分からなくても、文型としての意味でどういうニュアンスかはある程度予測出来るようになると思うので確実に覚えましょう!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404