Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
>
2015/12/9 16:54 更新
Nisshyのプロフィール画像

助動詞の慣用表現をひとまとめに暗記しよう!|英語勉強法

1138  views
Nisshy

こんにちは、Nisshyです!!

今回は、助動詞の慣用表現ということでさっそくやっていきましょう!

 

まず助動詞は、英文法の中でも暗記が多くて、けっこう大変な単元ですが、その極み付けが慣用表現です。

数は少ないので、さっさと覚えたもん勝ち!!

僕もかなりてこずりました。

でも覚えちゃえば解けるようになりますよ。

 

だが覚えないと、選択問題でも出題率が高く、長文も読んでいるとき理解できなくなりますよ!!

そうなるとわかるよね。

合格の二文字はなくなっちゃいますね。

 

そうならないためにも覚えちゃいましょう!!

それでは、さっそく見ていきましょう!!

 

 

■had better

You had better stop eating.

(食べるのをやめたほうがいいです)

had betterで「~したほうがよい」という意味ですが、これを目上のひとに使うと、威圧的、脅迫的になるから気をつけてください。

 

さて、これの疑問形否定形わかりますか?

Had I better see a docter?

(医者に診てもらったほうがいいでしょうか?)

You had better not tell it to him.

(それは彼に話さないほうがいいです)

 

特に否定形のhad better notは覚えておいてください。

要は、had betterで助動詞なんだから、否定形にするにはその後ろにnotをつければいいだけなんです。

had not betterにする人が多いので要注意!!

 

僕も入試の時選択問題で見たことあったので絶対覚えましょう!!

 

 

■would rather A than B 

I would rather watch TV at home than go out on such a rainy day.

(こんな雨の日の出かけるくらいなら家でテレビを見ていたほうがましだ)

 

★would rather A than Bで「BするくらいならAしたほうがまし」という意味です。

 

 

■might as well A as B

これとよく似ているのがmight as well A as Bです。

上の例文を書きかえてみると、こうなります。


I might as well watch TV at home as go out on such a rainy day.


じゃあ、次いきます。

 

■may well

You may well complain about your boss.

(あなたが上司の愚痴を言うのももっともだ。)

may wellで「~するのももっともだ」って意味ですね。

 

さあ、よく似た表現が続きますよ。

 

 

■might(may) as well

You might(may)as well stop eating too much.

(食べ過ぎはやめたほうがいい)

might(may)as wellは~したほうがいいという意味で、had betterより控え目ですが、やはり目上の人には使わないほうがいいでしょう。

mightでもmayでも、どちらでもOKです。

 

 

そして最後がこれ。

 

 

■have only to~

You have only to obey my orders.

(私の命令に従いすればいい)

★have only toというのは「~しさえすればよい」という意味です。

 

言い換えると、

All you have to do is (to) obey my orders.

という具合に、

All(what)you have to do is(to) を使います。

 

これで以上です。

みなさん自身で覚えちゃいましょう!!

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

willとbe going toの違いとは?|英語勉強法

学校では、まず最初にwillとbe going toは同じ未来のことを表しますと習います。 穴埋め問題でも、 ...
tkyk1 800  views

mustの意味と区別をわかりやすく解説!|英語勉強法

must と言われれば「~しなければならない」という、義務や命令が真っ先に思い浮かびますよね。 いきなり「~に違...
まなか 573  views

意外と知らないdo の用法―全部答えられるかな?

こんにちは。塾講師めるです。 今回は「do の用法って何があるの?」という質問に答えていきます!   1)d...
める 2670  views

wouldの用法まとめ!わかりやすく解説!|英語勉強法

英文を読むとき、または書くときにかなりの頻度で目にする「would」という助動詞。 なんとなく色々な用法があると...
mamoru 1024  views