Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/8 8:17 更新
garumaxlifeのプロフィール画像

古墳時代について。4~6世紀の古墳の特徴まとめた!

4934  views
garumaxlife

古墳時代は主に前期(4世紀)、中期(5世紀)、後期(6世紀)と分けられる。

その違いは古墳の形や、副葬品に顕著に現れている。


では、それぞれの時代別に見ていこう。

 

 

■4世紀

まずは4世紀、古墳は前方後円墳であり、竪穴式石室と呼ばれる形が多く見られる。

竪穴式石室とは、いわゆる個人用のお墓で、お墓には一人しか入れない。

副葬品は鏡や剣、玉などである。

 

 

■5世紀

5世紀については同じく前方後円墳。副葬品は馬具や鉄、金銀の豪華な装飾品が目立つようになる。

馬具などからわかるように、この時代には騎馬による戦闘が行われていたことがわかる。

 

 

■6世紀

最後に6世紀は円墳横穴墓などが増え、横穴式石室が多くなる。

これは追葬が可能なお墓であり、現代のように亡くなった人を次から次へと埋葬できる構造になっている。

副葬品については死後の生活に使われることを想定したのか、日常品が目立つようになる。

 

このように、その時代に合わせて、古墳の形と副葬品が変化していることに注目すればOK。

わかりやすく表にしてまとめるのがベストだね!

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

帝紀と旧辞はいつできた?わかりやすくまとめた|日本史勉強法

古事記作成の際に資料があったって知ってますか。 日本全国から、天皇にまつわる逸話や、朝廷に伝わる神話伝承をまとめ...
garumaxlife 1246  views

大和政権の支配地域ってどこからどこまでなの?|日本史勉強法

ずばり答えは西は熊本から東は埼玉県。 これだけは資料上確実であるといえます。 というのも熊本県の江田船山古墳と埼...
garumaxlife 768  views

荘園の中での発展だった!鎌倉時代の農業のポイントは荘園!

鎌倉時代の農業を見ていく前に、荘園って何?と思った人はまずこちらをチェックしましょう! 農民 奈良時代に制定さ...
sorasai 2089  views

続縄文文化と貝塚文化の違いは?場所に注目!|日本史勉強法

まず! どちらの文化とも弥生時代の話。 続縄文文化は北海道で展開された文化 貝塚文化は沖縄など南島で展開...
小形雄大 1102  views