Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
>
2015/12/7 23:33 更新
I.MORITAのプロフィール画像

【入試頻出!?】筋肉が赤い理由は、血液の色ではないって知ってた?

2388  views
I.MORITA

動物の筋肉が赤い理由、「筋肉には血液が流れているから」なんて答えると0点ですよ。

 

何故筋肉が赤いのか、ちゃんと説明できるようになりましょう。

 

 

■何故筋肉は赤いのか

動物の筋肉の赤色を出しているのは、実は血液のヘモグロビンではなく、筋肉に含まれるミオグロビンというタンパク質なんです。

 

ヘモグロビンとミオグロビンの違いについては、この記事で紹介していますから、参考にしてください。
http://withdom.jukendou.jp/articles/212

 

筋肉には、酸素を蓄えておくためにミオグロビンが含まれています。

ヘモグロビンと同じくミオグロビンには鉄が含まれているために、筋肉は赤く見えるのです。

 

 

さらにこれとあわせて覚えてほしいのが、

「何故生物によって筋肉の赤みの強さが違うのか」

 ということです。

 

 

■何故生物によって筋肉の赤みの強さが違うのか

クジラやマグロの肉ってすごく赤みが強いですよね?

対して、ニワトリやブタの肉って、赤というより、うすピンクですね?

 

ではこの差がなぜ生まれるのか?


生物によって筋肉の赤みの強さが違うのは、ミオグロビンの含有量が違うからです。

 

酸素を取り込まないでする運動量が多い生き物ほど、より多くのミオグロビンによって、より多くの酸素を筋肉にためておく必要があります。


対して、ニワトリやブタなどの、陸上で生活していて運動量も少ない生物は、いつでも酸素を取り込めますから、ミオグロビンをそこまで多くもつ必要がありません。

 

「筋肉の赤みの強さの違いは、その生物の運動量の差によって、筋肉中に必要なミオグロビン含有量が異なるために生じる。」

 

と、覚えておいてください。

 

 

●最後に●

「塵も積もれば山となる」

小さな知識の積み重ねは高得点獲得の近道です。

どんなに小さなことであっても覚えることが大切です。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

獲得免疫と細胞性免疫の違いを簡単にまとめた|生物勉強法

免疫とは、病気などから体を守る仕組みのことです。 簡単にいえば「自分ではないものを体から排除する仕組み」のことで...
I.MORITA 1317  views

【血清療法と免疫 】入試で突かれるイタい所とは!?

■血清療法とは ヒト以外の生物の体内で目的の抗原に対する人工的に作った抗体を、ヒトに投与する治療のことです。 ...
I.MORITA 2039  views

優勢の法則と分離の法則と独立の法則の違いとは|生物勉強法

今回は遺伝のお話です。 遺伝の問題ってややこしいし、難しいですよね。 そんな遺伝の問題の解き方のコツを紹介して...
I.MORITA 3263  views

酵素は生体触媒として化学反応を促進する物質!|生物勉強法

生物の体内にはたくさんのタンパク質が存在しています。 生物の体内にあるタンパク質の代表は、酵素です。   酵...
I.MORITA 1172  views