武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

needの使い方と意味とは?わかりやすく解説|英語勉強法


まず、助動詞のneedを動詞のneedと混ぜこぜにしないで下さい。
ですが、助動詞のneedはその他の助動詞と、動詞のneedはその他の一般動詞と同じ使い方をしますので、難しく考えなくて大丈夫です!

助動詞need

助動詞needは、can may should must will shall等その他の助動詞と同じ使い方をします。

【助動詞の基本的な使い方】

  • (肯定文)主語 〜 助動詞 + 動詞の原型 〜
  • (否定文)主語 〜 助動詞 + not + 動詞の原型 〜
  • (疑問文)助動詞 + 主語 〜 動詞の原型 〜

の形です。助動詞のneedも同じ用法で使います。

注意!

上では助動詞needも他の助動詞と同じ使い方をすると言いましたが、助動詞needは肯定文では使いません

  • 否定文(〜する必要がはない)
  • 疑問文(〜する必要があるか?)

の場合だけです。「否定文と疑問文だけでしか使われない!」何度も唱えましょう。

例文

You need not do that. (あなたはそれをする必要はないです。)
Need I go with you? (私はあなたと行く必要がありますか?)

余裕がある人へ

need not have done の形で「(実際は〜してしまったけれど)〜する必要なかったのに

という意味になります。この表現は出題頻度が低いと思うので余裕があったら覚えてください!

例)You need not have come at 4 o'clock.(あなた、4時にくる必要なんてなかったですよ。)

 

助動詞のneedと動詞のneedが混乱してしまったら、テキストで助動詞と一般動詞の単元をおさらいしてください!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404