武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126

英作文の書き方とコツとは?わかりやすく説明!|英語勉強法

大学受験でほぼ必ず出ると言ってもいい英作文。実はこんなに自由な問題、他にありません!
だって私たちは日本語の内容に沿った英語を書きさえすれば、何を書いてもいいんですから!

しかし、自由な反面、文法ミスや間違った英語の捉え方などで自ら点数を落としてしまうのも英作文の特徴です。
なので、中学〜高校1年あたりで習う文法が身についてない人は頑張らなければなりません。勝手に自滅してしまいます。 

英作文のコツは2つあります。

英作文のコツ1

一つ目は、

  • 自分が自信のある文法、単語をつかうことです!

多くの受験生が点を落とす原因が、スペルミス、文法ミスです。特に文法ミスは大きく減点されます。
自分の完璧に知っている単語、文法だけをつかうということを徹底してください。

英作文のコツ2

二つ目は、

  • 日本語の内容に合った英語を書くということです!

内容に合っていれば、日本語に忠実にならなくてよいのです!!
例えば、「テニスをかじったことがある」という問題の場合、
「テニスを経験したことがある」と自分の中で日本語を書き換えても大きく減点はされないでしょう。
ここで日本語の「かじった」にあたる英語をずっとさがしていても、見つかりません。。

まとめ

この二つのコツを徹底すると、本当に中学校レベルの文章で大学受験の英作文が完成します!
解説には、難しい単語や文法を多く見受けらますが、英作文は基本減点方式です。
なので、間違ってさえなければどんな文章書いたって文句ありません笑

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404