Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
>
2016/7/19 11:44 更新
hiloakiのプロフィール画像

否定表現!部分否定と完全否定の違いとは?|英語勉強法

1025  views
hiloaki

英語にはいろいろな否定表現があります。

not をつければいいというものだけではありません。

しかし、否定表現をうまく整理できずに、こんがらがってしまうこともあるかと思います。

ここではそんな英語の否定表現について整理しやすいように、いくつかポイントをご紹介していきます!

 

 

否定表現の効率的な整理の仕方

英語の否定表現には、日本語から考えると理解しにくい表現が多いです。

例えば部分否定や完全否定二重否定などは、訳文を見るとなんとなくイメージはつかめるかもしれませんが、問題で問われると迷いやすい論点です。

英語の否定表現を勉強するときは、最初はこれらのポイントを整理することが効率的です。

これらの論点を正確にしていきましょう。

 

 

部分否定と完全否定の違いをおさえること

否定表現の中でも、部分否定完全否定はイメージがつかみにくいかと思います。

まずは両者の違いをまとめてみましょう。

まずは部分否定からです。

 

I don’t always study English.

(私はいつも英語を勉強しているとは限らない。)

 

これは、don’t always という部分の、not always がポイントです。

この not always というのは、「いつも~とは限らない」という意味で、部分否定です。

これは、「全く~ない」というように完全否定するものではなく、「~とは限らない」といったニュアンスになります。

上記の例文でも、英語を全く勉強しないという意味ではなく、いつも英語を勉強しているわけではないことを示しています

 

次に完全否定の文を見てみましょう。

 

I never speak English.

(私は決して英語を話しません。)

 

これは完全否定の文です。「決して~しない」という表現になっており、「話す」ということを完全に否定しています。

 

部分否定と完全否定にはいくつか表現がありますが、両者の違いをおさえることは、英語の否定表現の中でも重要です。

特に、上記で挙げた not always のような表現には注意が必要です。

always(いつも)だけでなく、

necessarily(必ず)、completely(全く)、all(全て)、every(全て)、

などのような、「完全に」や「全く」、「全て」、「常に」というニュアンスの言葉を not で否定すると、「必ずしも~ではない」や、「全て~というわけではない」といった部分否定になる、と整理しておきましょう。完全否定にはならないので注意してください!

 

 

both や either, neither などの否定表現とは?

上記で挙げた部分否定と完全否定に関連して、both neither などの否定表現にも注意が必要です。

例えば、neither や、not … either というのは、「どちらも~ではない」という意味になり、全体を否定します。

しかし、not … both になると、「どちらも~というわけではない」というように部分否定の表現になります。

 

Both of them are not polite.

(彼らのどちらもが礼儀正しいわけではない。)

という文だと、どちらも~というわけではないという部分否定となります。

 

一方で、

I didn’t know either of them.

(私は彼らを両方とも知らなかった。)

という文だと、どちらも~ないというように全体を否定しています。

また、この場合の not either は、neither で置き換えが可能で、

I knew neither of them.

(私は彼らを両方とも知らなかった。)

となります。ここでも全体を否定しています。

 

このように、部分的に否定しているのか全体を否定しているのかの違いも正確にしておきましょう。

 

 

二重否定とは何か?

英語の否定表現には二重否定というものがあります。

以下、例文です。

 

I never see this picture without thinking of my father.

(私はこの写真を見ると必ず父を思い出す。)

 

最初はややこしいかもしれませんので、文構造をくわしく見ていきましょう。

never without に注目です。

まず、

I never see this picture without thinking of my father.

を直訳してみます。

すると、

私は父のことを考えずにこの写真を見ることは決してない。

となります。

 

never というのは先ほども例に挙げましたが、「決して~ない」という意味です。

そして withoud ~ing というのは、「~することなしに」という意味になります。

 

これを上記の例文に当てはめると、

without thinking of my father というのは、「父のことを考えずに」となります。

そして I never see this picture は、「私はこの写真を見ることは決してない」となります。

これを一つの文にすると、

I never see this picture without thinking of my father.

 

(私は父のことを考えずにこの写真を見ることは決してない。)

という文になります。

 

そして、「私は父のことを考えずにこの写真を見ることは決してない。」というのは、

父のことを考えることをせずにこの写真を見ることは決してない、ということであり、

この写真を見るときは必ず父のことを考える、ということになります。

 

つまり、

I never see this picture without thinking of my father.

私はこの写真を見ると必ず父を思い出す。

のような訳し方となります。

これが二重否定です。

 

このように、neverwithout で二重に否定表現を使用することから、二重否定と呼ばれます。

なしに…することはない

というように二重に否定することで、

…すると必ず~する

という意味になります!

 

 

まとめ

以上、英語の否定表現の主要なものをまとめました。

否定表現を整理するときには、

部分否定か完全否定か

both や either などで部分否定になっているのか全体否定になっているのか

二重否定とは何か

ということからおさえると効率的です。

英語の否定表現は確かにややこしいです。

だからこそ、まずは基本的な表現の種類からおさえておいてください。

 

(上記で挙げた部分否定、完全否定と、botheither, neither については詳しい論点もありますので、次の記事も参照してみてください。

bothとeitherとneitherの用法を正確に整理しよう!

部分否定と完全否定の違いって何?まずは簡単な例からおさえてみよう! )

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

部分否定と全部否定の覚え方とは?例文で解説|英語勉強法

部分否定とは何なのか。 一般的な否定の全部否定とは違うのか。 ということなのですが 部分否定というくらいです...
mamimoz 558  views

倒置ってどういうときに起きる?否定形に注目|英語勉強法

こんにちは。塾講師めるです。今回は「語順の変わる否定について教えて!」という質問に答えていきます!   1)「...
める 639  views

否定形を使わない否定の表現を暗記しよう!|英語勉強法

この記事を読んでる多くの皆さんは、センターの点数で他の生徒に差をつけたいと思っているのではないでしょうか。 受験...
Candy 398  views

【完了形】現在完了形(経験)の見分け方、疑問文や否定文は完璧?ポイントを復習しよう

今回は完了形の中の現在完了形(経験)について説明します。 みなさんは現在完了(経験)について正しく理解できていま...
浅羽なち 1078  views