Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/6 0:34 更新
ユタカのプロフィール画像

四公六民と五公五民の違いとは?意味を説明!|日本史勉強法

2113  views
ユタカ

江戸時代の年貢制度について勉強していると、「四公六民の制度を採用」「五公五民の制度を採用」といった説明が出てくると思います。

四公六民や五公五民などの江戸時代の年貢制度については、私大の記述式やマーク試験、さらにはセンター試験で頻出のテーマとなっているので、しっかりと意味を理解しておきましょう。


まず、「四公六民」という漢字に注目してみましょう。


日本史で「公」の字が出てきたら、それは政府や幕府など、政治を実際に行って民衆を支配する側のことを指す、と覚えておきましょう。

当然、「民」は農民たちのことですね。


当時は村請制といって、一つの村を「領主」と呼ばれるリーダーがまとめ、その中の農民たちが生産した米を回収して、幕府に租税として納めていました。

その際、全体の生産高のうち、4割が領主の取り分、残りの6割が農民たちの取り分となるわけです。

 

五公五民という場合も同じで、半分を領主が取り、残り半分は農民がとる、ということですね。

 

つまり、農民が作ったお米の4割は租税として回収され、残り6割は自分たちのものになる、これが四公六民の制度です。


これさえ覚えておけば、江戸時代の年貢のしくみの設問は大丈夫でしょう。

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

参勤交代の目的を簡単に説明してみた!|日本史勉強法

まず、「参勤交代」とは、1635年に江戸幕府3代将軍、徳川家光が制度化させたもの。 ちなみに、家光が出した武家諸法...
小形雄大 1197  views

旗本と御家人の違いとは?分かりやすく説明!|日本史勉強法

違いがわかったあなたは、時代劇大好き?? 江戸時代、江戸に住んでて将軍に直接仕えていた武士のことなんだけど、違い...
ぺぱーみんと 2390  views

通信使とは?意味を分かりやすく説明してみた|日本史勉強法

1598年の豊臣秀吉の死により終わった朝鮮侵略の後も、しばらくは日本と朝鮮は戦争状態にありました。   江戸幕...
かしゅーなっつ 522  views

紫衣事件とは?後水尾天皇との関係を簡単に説明|日本史勉強法

紫衣事件と聞いてピントきたあなたはすごいかも!? この事件、江戸幕府VS朝廷の事件なんです!! ■紫衣事件...
ぺぱーみんと 1713  views