武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

have toとmustの否定の仕方とは?|英語勉強法

こんにちは。

''have to''と''must''の違いについて 説明したいと思います。

中学高校で非常に必須となり、違いをはっきりしておかなければ、長文で苦労することになります。

しっかりと覚えておきましょう。

''have to''と''must'' は、どちらも日本語に訳すと「~しなければならない」という意味です。

 

そして問題の使い分けですが、その前に、これを使った否定文から考えてみましょう。

■have toを使った否定文

例) I don't have to read the difficult book .

「私はその難しい本を読まなくてもよい。」

 

''have to''の否定形は ''don't have to''で、これは「~しなくてもよい」という意味になります。


別にそんな難しい本読まなくてもいいや~

なんか軽い感じしません?(笑)

 

■mustを使った否定文

例) I must not swim in the pool.

「私はそのプールで泳いではいけない。」

''must''の否定形は''must not'' で、意味は~してはいけない

私はそのプールで泳いじゃダメだ!!

びっくりマークをつけたくなるほど 強い気がしませんか?(笑)

 

※※注意※※ 

間違いやすいのは''have to''のときも''must''のときも、否定は「×~しなければならなくはない」と置かないことです!

 

■肯定文のときの使い分けについて

例)

I have to study English.

I must study English.

「私は英語を勉強しなければならない。」

 

どちらもこう訳せます。合っています。



ニュアンスの違いは、否定のとき説明した 軽いとか 強いとか言ったこと覚えてますか?

''have to''の否定は「~しなくてもいい」という軽い感じでしたよね?

そして、

''must''の否定は「~してはいけない」

という強い感じでした。

こちらも同じなのです。



確かに日本語では同じ「英語を勉強しなければならない。」なのですが、

I have to study English.

こちらは、親に渋々言われたので 英語勉強しなければなぁ…って感じです。

I must study English.

私は次回のテストのために英語を勉強しなければならない!頑張ろう!ってな感じです。


ニュアンスが少し違うのがわかりましたか?

慣れたら細かいところまで考えてみてもいいかもしれません。

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404