武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

otherとanother!代名詞の違い!|英語勉強法


こんにちは。

otherとanotherは長文、語句並び替えでかなりの確率で出題されます。

otherとanotherの違いを理解していないと様々な問題に引っかかって命取りです!そんなotherとanotherの違いについて説明していきます!代名詞が苦手な人は必見です。

実は簡単!

日本語に訳すととてもややこしいotherとanother。実はとっても簡単です!

簡単に言うと、

  • another = 他のもう1つ
  • other = 残り全部

実は、another = an other です。

  • anotherは1つのことしか表さない。
  • otherはたくさんのことを表す。

と覚えておきましょう!

例文

otherとanotherのニュアンスを確認したところで、少し例文を見てみます。

自分には弟が2人いるとしましょう。1人は10歳、もう1人は7歳です。

I have two brothers. 
One is ten years old and the other is seven years old.(私には弟が2人います。1人は10歳で、もう1人は7歳です。)

もしも弟が3人いて、1人は10歳、もう1人は7歳、最後の1人は5歳なら、

I have three brothers. One is ten years old, another is seven years old and the other is five years old.(私には弟が3人います。1人は10歳、もう1人は7歳で、残りの1人は5歳)となります。

the otherは複数扱いすることもできます。それは「残りの全部」という訳になります。
例えば、弟が3人いて、1人が10歳、ほかの2人が7歳(双子)だとしたら、

I have three sisters. 
One is ten years old and the others are seven years old. となります。

まとめ

otherとanotherは年齢に限らずいろいろな文でも使えるので、日本語のニュアンスにとらわれず怯えずいきましょう!

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404