武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

長文の読み方のコツはスラッシュリーディング?|英語勉強法

こんにちは。

センターや試験で必ず出てくる英語の長文。

配点も高いので一度のミスは大きく点数に響きます。

誰もが苦手とする 英語の長文の読み方について、個人的な勉強法を交えつつ説明していきたいと思います。

英語のラスボス といえるほどの長文、私も大嫌いです。

ズラズラと長い文…一体どこから解いていいかわからない。

 

焦る必要はありませんが、急がないと時間ばかり経ってしまいます。

効率が大事になってきますね。

 

■効率よく長文を読むためには?

 

まず、最低限の《英単語》を覚える必要があります。

センターや試験の英単語を覚えるなら

『英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)』

という本がおすすめです。

単語がわからないと文章の意味を理解できないですから、ゆっくり毎日10単語などと決めて覚えていきましょう。

人間の脳は忘れやすいです。

ですが容量は無制限、定着すればなかなか抜けません。

 

つぎに《文の構造》を理解することです。

文には必ず 主語・述語 があります。

どんな複雑な文でも、瞬時に「主語」と「述語(動詞)」そして「関係詞」などを見分け、適切に英文を訳しましょう。

 

I think that he is basketball player.

「私は、彼はバスケットボール選手だと思う。」

 

''that''を「あの」と訳してしまうと、この文の意味がわからなくなり、2度、3度と読み返さなければなりません。

文の構造がわかりにくければ、スラッシュを入れてみましょう。

 

I think/that/he is basketball player.

「私は思う/(関係詞)/彼はバスケットボール選手です。」

 

もっと長い文になればスラッシュをいれることで格段に読みやすくなります。

 

これをもっと読みやすくするには英語の熟語《イディオム》を覚えることも重要です。

これも英単語と同時進行で覚えていきましょう。

 

■長文の問題の解き方は?

 

長文を読む前に問題を読むと、あらかた詳しい話まではわからなくてもどんなことが書いてあるかはわかりやすくなります。

 

参考になれば幸いです。

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404