Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/5 21:49 更新
I.MORITAのプロフィール画像

肝臓と膵臓と胆のうと腎臓の配置を一気に覚える|生物勉強法

566  views
I.MORITA

大学入試では、特にヒトの臓器の配置やその機能について問われることがあります。

というか…案外結構出るんです(笑)

センター試験では、4~6点の配点で出題されていたこともあります。

簡単なことですから、絶対に覚えておきましょう。

 

じゃあどんな臓器のことを覚えておけば良いの?ってことですが、

 

心臓、肺、胃、肝臓、小腸、大腸…何て言う臓器の配置は大体わかりますよね?

 

入試でとわれるのはもちろんそんな簡単なものではありません。

 

すい臓やたんのう、じん臓などの配置は重要です。

 

ことばで説明してもわかりにくいですから、資料集や教科書でよく確認しておきましょう。

また、心臓の構造や血管のゆく先、血流の向きに関しても大変重要ですから、確認しておいてください。

 

機能についてはなにが問われるのか?

それは、やはりあまりメジャーでない、すい臓、たんのう、腎臓についてと、肝臓についてです。

 

それでは、いま挙げた4つの臓器の機能で覚えておくべきものを紹介していきます。

 

■肝臓

 

主に、体内に取り込まれた化学物質の解毒を行う臓器です。

アルコールなども、肝臓で分解されます。

また、肝臓は血糖値の調節に必要なグリコーゲンを貯蔵する臓器でもあります。

 

■すい臓(膵臓)

 

すい臓は、血糖値の調節に関わるインスリンやグルカゴンをつくる臓器です。

インスリンすい臓のランゲルハンス島(すい島)のβ細胞で作られ、血糖値を下げる働きを持っています。

グルカゴンすい臓のランゲルハンス島のα細胞で作られ、肝臓に蓄えられているグリコーゲンの分解を促し、血糖値を上げる働きを持っています。

 

■たんのう

 

たんのうは、肝臓で分泌された、たん汁の貯蔵をし、さらにそれを濃縮する臓器です。

詳しいことは問われませんがこれくらいは覚えておきましょう。

 

■腎臓

 

血液から尿素などの老廃物や、余分な水分を取り除き、尿を作る臓器です。

また、血圧や尿の量の調節にも関わっています。

 

覚えておくべきことはこのくらいだと思います。

 

「簡単なところだからまあいいや」

と思っていると案外入試で出る分野なので、覚えておかないと絶対に損です。

 

復習だと思って覚えましょう。

 

 

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

優勢の法則と分離の法則と独立の法則の違いとは|生物勉強法

今回は遺伝のお話です。 遺伝の問題ってややこしいし、難しいですよね。 そんな遺伝の問題の解き方のコツを紹介して...
I.MORITA 3263  views

酵素は生体触媒として化学反応を促進する物質!|生物勉強法

生物の体内にはたくさんのタンパク質が存在しています。 生物の体内にあるタンパク質の代表は、酵素です。   酵...
I.MORITA 1172  views

獲得免疫と細胞性免疫の違いを簡単にまとめた|生物勉強法

免疫とは、病気などから体を守る仕組みのことです。 簡単にいえば「自分ではないものを体から排除する仕組み」のことで...
I.MORITA 1317  views

植物細胞と動物細胞の違いの基本の覚え方!|生物勉強法

生き物の体を解剖して、だんだんと細かく分けていくと、 個体→器官→組織→細胞 の順に分けられます。   今...
I.MORITA 3149  views