Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2015/12/5 19:05 更新
I.MORITAのプロフィール画像

植物細胞と動物細胞の違いの基本の覚え方!|生物勉強法

3166  views
I.MORITA

生き物の体を解剖して、だんだんと細かく分けていくと、

個体→器官→組織→細胞

の順に分けられます。

 

今回は、そんな細胞に関するお話です。

 

細胞と一言で言っても、いろんな細胞が存在するので、入試で合格を勝ち取るには、これらの違いを理解しなくてはなりません。

 

まず、細胞は真核細胞、原核細胞の2つに大きく分けられるのはご存知でしょう。


また、植物細胞、動物細胞といった分け方もご存知ですね?

 

受験生が必ず知っておくべきポイントは

 


植物細胞は、細胞壁、葉緑体、発達した液胞をもつ

動物細胞は、細胞壁、葉緑体を持たず、液胞はあるが発達していない。

核、ミトコンドリア、葉緑体にはDNAが含まれていて、それぞれ異なったDNAをもつ。

 

ということです。

これは、「知ってて当たり前」のことです。

 

そんなのしってるよ!って方。そうです、この記事の本題はこれから。

この記事で理解してほしいポイントはこれです。

 

・生物の細胞は、どの組織や器官の細胞かによってまったく異なる性質をもっていること。


・細胞どうしは互いに連携をとりながら活動していること。


・どこに存在する細胞かによって分裂の時間が異なるということ。

 

これ、入試のときに意外と大切なんです。

 

これを思い出せば間違わなかったのに…なんて問題がセンター試験では頻出です。

 

覚えていればきっと役に立つと思いますよ!

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

ATPとADPの違いとは?分かりやすく説明!|生物勉強法

ATPとADPは何が違うんだろう? ATPとADPの違いについて記載するよ。ATPとADPには大きくわけて3つ違...
パンダ二郎 14440  views

粗面小胞体と滑面小胞体の違いとは?丁寧に説明|生物勉強法

粗面小胞体と滑面小胞体の違い、説明できますか? 授業でおろそかにされがちなところは、入試で「痛いところを突く」問...
I.MORITA 15275  views

体細胞分裂と減数分裂の違いをわかりやすく!分裂の違いなんて簡単?

生体内で行われる細胞分裂には大きく分けて体細胞分裂と減数分裂があります。実際にセンター試験などでは体細胞分裂と減数...
新井光樹 84649  views

能動輸送と受動輸送の違いとは?詳しく説明!|生物勉強法

能動輸送と受動輸送の違い、ちゃんと説明できますか? 入試の解答でのポイントは、 1.できるだけ簡潔に! 2...
I.MORITA 6255  views