武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

be going toとbe about toの違いを理屈で|英語勉強法

be going to とbe about to

何となく暗記していませんか?

例えば

「be going」よりも「be about to」のほうが近い未来!!

といった感じに。

これは about が何なのかを理解すれば特に暗記する必要のないことです。


■about の訳って知っていますか?

 

「~について、およそ…」というのが辞書を引くと出てきますよね。

もっと根本的に言うと

about とは「周り」を指します。

自分の周りです。

I am about.」で「わたしここら辺にいるよ」となります。

I am は存在を表します。(中学1年生レベルです)

aboutの後ろに「to~」をつけてあげることで

I am about to~ (わたしは~しようとしているところ)」

となります。


ちなみにtoは「到達」を示しているので


その動作を行うまでを指します。要するに未来を指します。


例文として

I am about to study.」を挙げます。


直訳は「わたしは勉強するというあたりにいる」


これを普通に訳すと「今、まさに勉強しようとしている」です。


■be going toについて

例文として「I am going to read.(私は本を読む予定です)」を挙げます。

現在進行形って習いましたか?

中学校で習ったと思うので今回は省略します。

I am going」は現在進行形です。

「私は行っている」です。

どこに行っているの?となりますが

それは後ろの to read が補っています。

直訳は「読むことに向けて行っている最中」なんです。



■まとめ


・be about to は自分の周りを指している=すぐ近い未来

・be going to は動作まで向かっている状態を指している=少し遠い未来


熟語を丸暗記するのではなくて、このように理屈で理解すると、英語力はグンッと伸びますよ。

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404