武蔵小杉の完全1対1の個別指導塾・予備校

Withdom武蔵小杉校の連絡先 Header counseling1 eff673807c041ae2941ec6d50ae494cb2b04d9055de0b4781717bb74b963ae20 Header counseling2 07baea8b0da013d0b6a6e8d3a463fc77e5a0da56643a748eb1757d19124cf126
>

漢書地理史、後漢書東夷伝、魏志倭人伝まとめ|日本史勉強法

古代の日本には文字がないから、古代の日本のことを知るのは中国の歴史書を読むしかない!

そこで大切なのが漢書地理史、後漢書東夷伝、魏志倭人伝の3つ!

全部目を通すのは日本に関しての内容だけでOK!

 

 

■漢書地理史とは

「楽浪郡のよりもっと南の海に倭人という人たちがいて、百国余りの国に分かれている。定期的に朝貢してくるよ」と書いてある。

→楽浪郡は現在の北朝鮮の首都あたりあるからね。

朝貢とは中国に対して貢物を持ってくるということだよ。 

 

 

■後漢書東夷伝とは

「倭の奴国が朝貢してきて、その使者は自分の身分を大夫と言っていた。倭国とは南の果てにある。光武帝はこれに対し、ひも付きの金印を与えた」とある。

→金印の写真みたことあるよね。あれの話だよ。


福岡県志賀島
で発見されたことも覚えておこう!

さらに「倭国が生きた奴隷160人貢いだ。倭国では統制するものがいなくて大いに乱れた」とも書いてある。

 

 

最後に、

■魏志倭人伝とは

邪馬台国の場所に関する記述、当時の倭人の様子が書かれている。

さらに刑罰の有無や、身分の有無などもこと細かく記述されている。

その中でも女王に関する記述が重要!

それが

「乱れた倭国は、女性を王に立てた。その名は卑弥呼。すでに年を取っている。呪術に優れており、統率力もあった。夫はおらず弟が補佐をしていた。卑弥呼の死後、壮大な墓が作られた、次の王は卑弥呼一族の中から台与が選ばれた」というもの。

 

★漢書は倭国が存在したという内容、後漢書は奴国があったことと金印を授かった証明、魏志は邪馬台国の証明となるので覚えておこう!

 

Withdomのロゴ

株式会社tyotto TEL:044-819-5113
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町 1-403
小杉ビルディング新館404