Preloader1 90ac95177f229f6771ca85dda872c02fa26963b71efb3c8a0c00916e7b27c3cbLoading...
Logo small 472e9f7e667aa584870c649bbf458c0707268a37b4db2c73e0fe576cb62146d2
Favorite f89e99620f991d0d57effa8f66ea541b991a4baf1a200fd6457dad618a3cc6e9

お気に入り

Mypage 8d91e0199c314f9c922ecf4509a7af00029e30fe736954f85e3638cf452ad74e

マイページ

Write page b424cd6cc72a8df873c31d4c4ba30c53b82e7787d3897815b628989cb2c9c17c 記事を書く
ホーム コラム ログイン 新規登録
>
2016/1/4 5:23 更新
めるのプロフィール画像

覚えると便利!更級日記ってどんな話?

13026  views
める

こんにちは。塾講師めるです。
今回は「『更級日記』ってどんな話?」という質問に答えていきます!


1)更級日記とは?


まずは,文学史の知識として更級日記の概要をおさえましょう。


更級日記とは,菅原孝標女(すがわらたかすえのむすめ)によって書かれた回想録です。
平安時代中期に書かれ,この時代の女流作家の日記文学の代表作の一つに数えられています。

ちなみに,作者である菅原孝標女は「天神様」として有名な学者・菅原道真の子孫で,
彼女の伯母には『蜻蛉日記』の作者・藤原道綱母がいます。文学一家だったんですね。

 
2)更級日記のあらすじは?


では,更級日記のあらすじを見ていきましょう。
基本的には作者・菅原孝標女の少女時代からの生涯が綴られています。


作者の父・菅原孝標は赴任先の上総国(現在の千葉県)での任期を終え,
一家で京の都へと引き上げることになりました。

作者はおとぎ話が大好きな夢見がちの文学少女で,
京に行けば『源氏物語』がたくさん読める!と大はしゃぎします。
(田舎の上総国では,源氏物語は断片的にしか読めませんでした)

京で念願の『源氏物語』を読みふけり,宮廷生活への憧れを抱く作者ですが,
実生活では姉や乳母が亡くなったり,母が出家したりと,厳しい現実が待ち受けています。


父の菅原孝標が亡くなると,作者は憧れの宮仕えを経験します。
しかし,実際の宮廷生活は華やかなだけの世界ではなく,長続きはしませんでした。

その後,作者は橘俊通と結婚し,子供が生まれます。
『更級日記』の名は,作者の夫の赴任先が信濃国更科(更級)だったことに由来しています。


やがて年月が経ち,子供たちも独立した頃,
夫と死別した作者は孤独の中で仏教へと救いを見出していくのでした。


3)まとめ


いかがでしたか?今回のポイントは以下の通りです。


更級日記菅原孝標女によって平安時代中期に書かれた日記文学
     →作者の少女時代から宮仕え,結婚・出産,仏教への傾倒までを描いた


『源氏物語』や『枕草子』と比べると内容を忘れがちな『更級日記』ですが,
夢見がちでちょっとドジっ子な文学少女が現実と向き合いながら大人になっていく…という,
実は現在の私たちにとっても親しみがわきやすい内容の作品なんです。
こうした内容を掴んでおくと,作品名や作者名をただ暗記するよりもグッと覚えやすくなります!

 

武蔵小杉にWithdomの予備校ができました!詳しくは以下のバナーから!↓↓

大学受験予備校Withdom
ログインするとコメントをつけることができます。
関連記事

『玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする』の現代語訳と解説。

  これは新古今和歌集で詠まれている「玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする」という歌です。...
新井光樹 4923  views

センター古文で高得点をとる3つのポイント!

センター試験の国語は現代文100点、古文50点、漢文50点の計200点満点で構成されていますが、全体の4分の1を占...
fireflower 3196  views

なりの見分け方とは?伝聞推定と断定の違い|古文勉強法

こんにちは。塾講師めるです。 今回は「助動詞『なり』の見分け方を教えて!」という質問に答えていきます! 伝聞推...
める 10229  views

頻出単語!1月から12月まで古典単語で書ける?

こんにちは。塾講師めるです。今回は「1月~12月って古典ではなんて言うの?」という質問に答えていきます! 古典で...
める 5640  views