うわ、もう5月半分終わっとる…。若干萎えてる受験生へ。

うわ、もう5月半分終わっとる…。若干萎えてる受験生へ。

気づいたらもう5月の折り返し地点。

4月は新学年になってウキウキ状態、5月は10連休のGW、体育祭などイベントがたくさんあったため受験を意識しなかったかもしれません。

そして一通りのイベントが終わり、周りを見渡すと参考書を開いていたり。

大手予備校に通っていたりと少しづつ受験という雰囲気に変わっているのではないかと思います。

そんな中まだ尻に火がついていない受験生は結構ピンチかもしれません。

とはいいつつも、まだ大丈夫です。されど5月ですから。

今回の記事では、受験生がエンジンをかける前に注意すべきこと3つ書いていきます。

夏から本気を出せばいけるのか?!

まず、「現役生は夏から猛勉強すれば伸びる」という言葉に惑わされてはいけません。

夏から猛勉強して劇的に伸びる受験生は進学校の人です。

進学校の生徒は勉強の吸収力が他の人より長けています。

どこが長けているのか?

それは理解力です。

彼らは大学受験に必要な理解力は既に小学6年生の時に出来上がっています。

なので授業や特別な指導を受けず、自分で参考書や教科書を使って勉強すれば中学受験の時のようにすぐに成績が伸びます。

6月まで部活をやっていて夏から勉強して偏差値がめちゃくちゃ伸びて◯◯大学に合格できました。

というカラクリはそういうことなのです。

勉強のやり方も幼少期から身についているので今更勉強のやり方を試行錯誤する必要も無いのです。

偏差値60前後で学校の成績が上位の人であれば勉強法を模索する必要は無いと思います。

そうではない成績中位以下の人は夏に模索するより今模索した方が良いです。

貴重な夏休みを無駄にしないためにも

気付いたら5月。

そんな感覚だったら、このまま何も手を打たないと気付いたら夏休みなんてこともあり得ます。

夏は約1ヶ月半時間が取れる受験生に取ってかなり貴重な時間です。

夏休み取れる勉強時間はMAX400時間ではないでしょうか。

その400時間を有意義な時間にするためには今から

自分の弱点は何か?

なんの参考書を使用するのか?

どういうやり方で勉強するのか?

を考えた方が良いでしょう。

残念ながら順風満帆に進むことは滅多にないんです。

初めてやることはたいてい最初につまずくものです。

やり方を失敗するのは今しかできません。

夏休みに勉強をミスったら第1志望の合格は無くなると言っても過言ではありません。

そんな悲惨な事態を防ぐためにも僕らと一緒に考えてみませんか?

自分で模索するより受験のプロと考えた方が安全

大一番の夏を台無しにしないためにも自分で参考書や勉強法を模索するより受験のプロと一緒に考えた方が安全です。

過去にtyotto塾の浪人生で「現役の時の失敗はなんでしたか?」と尋ねると、

「誰にも相談せずに自分のペースでやっていました」と答えていました。

そういった失敗することを防ぐためにtyotto塾では無料受験相談を毎年実施しています。

別に入塾したいとか、体験指導を受けたいとかそんなつもりじゃなくてもいいです。

自分で模索して失敗するよりプロと相談して失敗を未然に防ぐ方が良いと思いませんか?

軽い気持ちで来ていただいて計画立てや志望校の決め、将来の夢を話して終わりでもいいです。

それで一旦夏まで自分でやってみて、もう1回夏に相談しにくるでもありです。

受験相談は塾長の小形が対応するので気になる方はDMで日時を指定しても構いません。

後悔しない夏を過ごすために僕たちと一緒に考えてみませんか?

受験相談の流れを知りたい人は読んでください!

tyotto塾武蔵小杉校のブログカテゴリの最新記事