武蔵小杉で塾・予備校なら大学受験塾のWithdom武蔵小杉校

  1. TOP
  2. >
  3. 武蔵小杉予備校Withdomのブログ
  4. >
  5. あなたのモチベーションに革命を起こしてみせます!
  6.            
武蔵小杉予備校Withdomのブログ 2018/07/12

あなたのモチベーションに革命を起こしてみせます!

こんにちはWithdom主任講師の森屋です!

 

今回は、やりたいんだけどなかなかモチベーションが維持できない人向けの記事です!

 

「勉強が続かない!」

 

「ここの大学に行きたいのに中々勉強に集中できない」

 

そういう人は心のどこかで「継続できていない自分はダメな人間だ」「このまま大人になってもちゃんとやっていけるのかな

 

 

と自己肯定感が低くなっていると思います。

 

 

そんなあなたでも、しっかりした目標を定めればモチベーションをキープして着々と進めることが絶対にできます。

 

 

今回はそのための具体的な方法論を提供していきます。

 

①情熱

  

 

②目標設定

 

 

③継続力

 

 

①情熱

情熱のロゴ

 

 

情熱というと暑苦しいイメージがありますが、あるのとないのでは人生の充実度が大きく違ってきます。

 

Appleの創業者スティーブ・ジョブズはこんなことを言ったことがあります。

 

”よく言われることだけど「情熱を注げることをやるべき」というのは本当にその通りだよ。

なぜかって?あまりに大変だから、 情熱がないと、合理的な人ほど(苦労に見合わないからと)途中で諦めてしまうからだ”

 

 

 

例えばなんでもいいのですが、サッカー選手になりたいと思ったら、まず練習をしますね?

 

 

しかし練習していくうちに思い通りに上手くいかなかったりして途中で投げ出したくなります。

そんな時

「メッシ選手みたいなプレーをいつかしたいんだ!」

 

「大会で優勝してみんなで喜びを分かち合うんだ!」

 

「バルセロナに入ってスター選手になるんだ!」

 

 

といった夢があればどんなに辛い状況でも乗り越えられる気がしませんか?

 

大学受験で例えると「大学に入って憧れの大学生活を送るんだ!」といったのをベースにして長時間勉強を1年間継続できるのです。

 

なので、まずあなたの情熱を探してみましょう!

 

 

②目標設定

目標のロゴ

 

しかし情熱を持ったのは良いものの、具体的な目標が無いとモチベーションを維持するのは難しいです。

 

 

これにはコツがあります。

 

 

そのコツをこの章ではお伝えします。

 

 

目標設定には

短期目標、中期目標、長期目標があります。

 

長期目標は冒頭で記載した情熱を持つことです。

 

しかし人間は遠すぎる目標だと、中々継続しないものです。

 

 

皆さんも経験あるのではないでしょうか?

高校1、2年生の時に「早稲田、慶応目指すぞ!」と思っていても「何をしていいか分からない。」となり中々勉強が続かず、高校3年を迎えてしまう。

 

そんなことありますよね?

 

その時中期目標を立てます。

 

 

例えば1年後試験があるから、冬まで過去問で合格点より10点以上は取りたい。そのためにはこの問題集を終わらせておこう。この問題集を終わらせるには二、三ヶ月かかる。

 

夏休み始めから取り組めば大体終わるかな?

 

じゃあ夏休みまで教科書レベルは理解して自走できるようにしておこう!

といった3、4カ月のプランを立てます。

 

 

そうすれば具体的に分かるので意味合いを感じながらやるので、ブレることなく進めることができます。

 

 

 

次は短期的な目標を立てることが大事です。

 

短期的な目標は数週間単位のことです。

 

1週間でこのページとこの単元を終わらせる。つまり問題集を細かく1日単位で目標設定をする。

 

このように細かく目標設定をすると着実に進んでるという達成感を得られるので、モチベーションを維持してやり続けることが出来ます。

 

 

③継続力

しかし具体的な目標を達成したからといっても中々着実に進めることは難しいです。

 

 

なぜなら人間は怠ける生き物だからです。

 

 

 

何かの安全的欲求(プレッシャーや危機感)尊厳的欲求(誰かに認められる)社会的欲求(ここの組織に属してるという欲求)がないと絶対にやりません。

 

 

 

皆さんも経験ありますよね?

 

 

 

明日のテスト、明日までの課題。期限が迫った時になぜか集中力が異常に高い。

 

 

テストで点を取らないとお母さん、先生に怒られる。

友達から認めてもらえない。

クラス順位が落ちてしまう。

 

 

それにはこういった人間の欲求が相互に絡み合って出来ているのです。

 

 

 

これをマズローの欲求5段階といいます。

マズローの欲求段階説のロゴ

 

こういった欲求を活用してwithdomは計画立て、確認テスト、そして我々講師と室長のプレッシャーがあります。

 

 

サボったら尊厳的欲求と社会的欲求が満たされなくなるので、やらざるを得ません。

 

 

さらにWithdomの講師は倍率30倍という高いハードルをググり抜けた人間性が高い人達です。

 

 

話はそれますが、ダイエットは三日坊主になりがちになるのに、ライザップがなぜあれだけの結果を出し帝国化になったのか。

 

 

それはトレーナーとお客さんのコミニケーションだからです。

 

 

 

トレーナーさんがここまで細かく自分のために献立を組んでくれる。ここまでしたら絶対裏切れない。なんとしても痩せないと。

 

 

 

という自分が痩せたいと思ってたモチベーションから最後はトレーナーさんの為に!と目標が変わり、ダイエットを継続して痩せるようになったのです。

 

 

 

これと同じことがWithdomでも起こっています。

 

 

 

実際全く勉強しなかった人たちが継続的にやり続けてたり、成績が実際に上がってる人もいます。

それは95%本人の努力が全てですが、裏5%はこういった講師のモチベートが効いてると思います。

 

 

 「難関大学に行きたい!」「夢が見つからない!」「情熱を持ちたい! 」「自分を変えたい!」

 

 

そのような人たち向けの塾なので、是非自己実現の欲求に到達したい方はこちらまでお問い合わせください!

 

Withdomへのお問い合わせはこちら↓

 

 

 

短期的な情熱は価値がなく、永続的な情熱こそがお金を稼ぐ鍵です。

ー アリババ社  創業者 ジャック・マー ー