【高2必見】高2になったら、さすがにやらないといけない3つのこと

【高2必見】高2になったら、さすがにやらないといけない3つのこと

「高校1年生、あっという間だったな〜」

高校1年生最後の定期テストが終わり、迫り来る春休み。

長かった“後輩”という肩書きも、春になればいよいよ“先輩”という肩書きへ。

自分たちが1年生だった時の2年生を見て、「2年生は楽しそう!」と期待に心を躍らせているのではないでしょうか。

高校2年生は一番楽しい

実際、高校2年生は高校生活の中でもっとも充実する1年間になる可能性が高いです。

部活では先輩になり1年性の頃よりも自由に活動できますし、2年生といえばなんといっても「修学旅行」ですよね。楽しい行事も盛りだくさんです。

それに、学校生活にも慣れてきて1年生の頃に感じていた変な緊張感や居心地の悪さもなくなってきます。

こう考えると、高校2年生って最高ですね。

僕も、高校生活を振り返ってみると高校2年生の時が一番充実していました。

高校2年生になったし心機一転頑張るか!

学年が変わったり環境が変わったりすると、

気持ちが引き締まったり、「頑張るぞ!」という気持ちになりますよね。

勉強に関しても、

「2年生からはしっかり予習復習をしよう」

「テスト前はちゃんと2週間前から勉強しよう」

「クラス順位◯位とるぞ!」

なんて意気込みたくなっちゃいます。

しかし…

きっとこんな壁にぶつかります。

「あれ、予習しようと思ったけど教科書見ても分からない…。これって1年生のときにやったような…」

「テスト2週間前になったけど何から勉強すれば良いんだ!? 分かんないからやっぱ明日でいいや…」

高2が高2のうちにやるべき3つのこと

ズバリ、

・勉強習慣の定着

・基礎・基本の勉強

・志望校を1つ決める

これら3つです。

まず、勉強習慣の定着。

勉強習慣と聞くと、「えー、さすがに毎日やるのは無理だよー」と愚痴をこぼす人が多いと思います。

習慣というのは決して“毎日”でなくてもいいんです。

大事なのは、「やる」と決めた時にやれる習慣をつけることにあります。

月・水・金だけ勉強する

毎日30分だけでも勉強する

どんな頻度やペースでも良いんです。

とにかく自分で決めた時間、量、範囲をちゃんとやり切るという勝ち癖をつけましょう。

続いて、基礎・基本の勉強。

これは言うまでもないですね。高校2年生が終わるまでには、少なくとも高校1,2年生の内容は「見れば思い出せる」というレベルにしておきましょう

要するに、「これ初めて知った!」、「全然分からない…」という状態を作らないということです。

そして最後に、志望校を一つ決める。

自分の今の実力や「行けるかどうか」という縛りを一切抜きにして、「ここに行きたい!」と思える大学を最低1つ見つけましょう。

理想は、夏休みに入るまでにそのような大学を1つ見つけ、実際にオープンキャンパスに行ってみることです。

今やらなかった人の末路

なぜ、ここまで今勉強習慣と勉強法を身につけておくことを強調するのかというと、それは“時間がかかる”からです。

スポーツでも音楽でも何でも、毎日練習したり、自分の型を作るまでに時間がかかりますよね。

時間がかかることこそ、早めにやるに越したことはありません。

今やらないと、気づかぬうちに

「中間テスト終わってからで良いや」

「夏休み入ってからで良いや」

「とりあえず修学旅行終わったら本気出す」

「冬休みからで間に合うっしょ」

「…3年生になったら本気出す(汗)」

という流れを辿ることになってしまいますよ。

できることからコツコツと始めましょう。

ぜひ1度Withdomへ

ここまで読んでみて、

「この1年間全然勉強してなかった自分でもできるのかな…」

「2年生は心機一転、勉強習慣を身に付けたい!」

という高2の人は、Withdomの無料受験相談へお申し込みください!

受験相談では、

・勉強習慣を定着させるには

・基礎・基本の勉強の進め方

・志望校の決め方

を一人ひとりの状況に合わせてご説明します。

また、受験相談の最後にはオーダーメイドカリキュラムもお渡ししています。

このカリキュラムは、受験相談後でも自分一人で勉強を進めていけるレベルで詳細に書かれておりますので、入塾意思にかかわらず受験相談にくるだけでも価値があると思います!

どの時期に、どんな教材に取り組めばいいのか明確に

少しでも気になった方は一度お問い合わせください!

tyotto塾武蔵小杉校のブログカテゴリの最新記事