武蔵小杉で塾・予備校なら大学受験塾のWithdom武蔵小杉校

  1. TOP
  2. >
  3. 武蔵小杉予備校Withdomのブログ
  4. >
  5. 全然勉強しない中高一貫校の中学生の子をもつ保護者の方へ。
  6.            
武蔵小杉予備校Withdomのブログ 2018/03/01

全然勉強しない中高一貫校の中学生の子をもつ保護者の方へ。

中学受験が終わって気づけばもう数年。

 

 

小学校6年生のあの時は、目の色を変えて勉強していた子ども。

 

 

しかし、今となっては…。

 

 

学校や部活から帰ってきたかと思えば、見るのはノートでも教科書でもなくスマホ

 

 

テスト前の休日、子どもの様子を見てみると勉強しているわけでも休んでいるわけでもなく、やはりスマホ…。

 

 

子どもが勉強しなくなった

中高一貫校に通う子を持つ保護者の悩みでよく聞くのが、

 

「子どもが勉強をしなくなった」

「子どもが学校の授業についていけなくなってしまった」

「中学生になってから勉強できなくなってしまった」

 

この3つです。

 

 

もっとも多いのは、「子どもが勉強をしなくなった」という悩みだと思います。

 

 

中学生の時期は多感な時期なので、

 

子どもが勉強していない現状を知っていながらもうまくコミュニケーションが取れなかったり、

 

喧嘩になってしまったりと接し方においても頭を抱えている保護者の方は少なくないと思います。

 

 

「中学受験が終わったのだから、勉強しなくなるのはしょうがない」

 

 

と半ば諦めている人もいるかもしれませんが、実は中高一貫校の子どもが勉強をしなくなるのには、ちゃんと理由があるのです。

 

今回の記事では、中高一貫校の子が勉強をしなくなる理由とその解決策について書いていきます。

 

 

勉強の仕方やペースが分からない

中学生になると小学生の頃と比べて、内容が難しくなったりテストの科目が増えたりします。

また、小学生の頃と比べ自分1人で勉強をする機会が圧倒的に増えます。

 

そうなると、

 

「何を勉強していいのか分からない」

「何回やれば良いのか分からない」

「分からないことが多すぎて全然先に進まない」

「どこから手をつけて良いのか分からない」

 

という風、に子どもは感じるわけです。

結局勉強のやり方も内容も分からないことだらけになり、終いには勉強をしなくなるという流れです。

 

 

中学受験の時は塾がペースメーカーになっていた

今どれだけ勉強していない中高一貫の生徒だろうと、

中学受験の時はしっかりと勉強をして今通っている学校に合格できる実力はついたわけです。

 

なぜ、中学受験時代はしっかりと勉強できたかというと、塾の存在があったからです。

 

中学受験ではほとんどの生徒が塾に通っていたと思います。

 

塾は、受験当日までどのように勉強していけばいいのかを教えてくれたり、時期に合わせて必要な授業をしてくれたり、宿題を出しくれたりと何かと子どもが勉強するような工夫がなされていました。

 

ですので、子どもは先生のいう通りにしておけば勉強習慣がつきますし、仮に宿題をやらなかったとしても4教科分の授業があるのでそれなりに勉強時間も確保できていました。

 

自分で勉強していて分からないところを質問できる環境も、子どもが継続的に勉強するための工夫の一つです。

 

 

このように、中学受験の時は塾の工夫やサポートのおかげで、小学生でも勉強習慣をつけることができ合格することができたのです。

 

 

勉強習慣の重要性

中高一貫校に通う生徒には、継続的に勉強するきっかけがありません。

 

 

高校受験がないため、目先の受験といっても大学受験になるからです。

継続的な勉強といってもせいぜいテスト前の何週間かになるので、あまり勉強習慣は身につきません。

 

 

しかし、もしこのまま勉強する習慣をつけずに高校3年生になると…

 

 

大学受験での勉強量や範囲は中学受験や高校受験と比べると膨大なので、1年間頑張ってギリギリ間に合うかどうかというイメージです。

そんなギリギリの状況の中、「まずは勉強習慣をつけて…」なんてことをやっている暇はありません。

 

ですので、将来的に大学受験をすることを見据えても、勉強する習慣をできるだけ早いうちに身につけておくことが大事です。

 

まずは、勉強する習慣を取り戻す

今、全然勉強しない中高一貫校の子に必要なのは、

 

 

勉強習慣を取り戻すこと

 

 

です。

 

高校生に進級すればさらに科目数は増え、内容も難しくなります。

内容の理解度云々の前にそもそも勉強時間を確保しないことには、何も始まりません。

 

 

そして、勉強習慣を取り戻すためには今の自分の実力から始めることがポイントです。

 

中学3年生だからといって中学1,2年生の内容が完璧に理解できているかどうかは分かりません。

それに、できないところから勉強を始めても、「できない」を理由にきっと子どもはさらに勉強しなくなるでしょう。

 

人間、勉強に限らすスポーツでも何でも“できれば”苦痛ではないはずです。

 

 

今の実力から始める、それがWithdom

Withdomでは、まずできるところから始めます。

 

それは、勉強習慣を身につけるためと「やればできる」を早いうちに実感してもらうためです。

 

 

 

中学3年生でも中学1年生の内容を勉強するかもしれません。

ですが、それでも良いんです。

 

 

勉強の内容なんて今はなんでも良いんです。

とにかく勉強する習慣を取り戻すことが大事なんですから。

 

 

今からでも遅くありません。

もし、自分の子どもが中高一貫校に通っていてあまり勉強しておらず、成績も振るっていないという状況ならば、まずは一度Withdomへお問い合わせください。

 

 

子どものことでWithdomへ相談したい方はこちら

 

 

中学受験を乗り越えたあなたのお子様ならきっとできるはずです!

みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

 

 

以上、室長の小形でした。