武蔵小杉で塾・予備校ならWithdom/大学受験専門の個別指導塾

  1. TOP
  2. >
  3. 保護者向けお役立ち情報
  4. >
  5. 間違いなく“高校1年生”のうちに勉強習慣をつけておいた方がいい2つの理由
  6.            
保護者向けお役立ち情報 2018/04/12

間違いなく“高校1年生”のうちに勉強習慣をつけておいた方がいい2つの理由

大学受験に有利になる

大学入試は高校1、2年生の勉強内容から多く出題されます。

 

大学受験勉強は高校3年生から始めるという印象があるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

高校1年生のうちに勉強習慣を身につけることで、わからない問題がそのままにならないので、その時その時に解決することができます。結果、高校3年生の受験期には基礎が固まって、応用問題や、過去問題に専念することができます。

 

また普段から勉強していれば自ずと高校1、2年生の内申点も良くなることが期待できます。そうなれば、指定校推薦や推薦入試も視野に入れることができます。

 

勉強時間を増やしやすい

「今日から毎日1時間勉強しよう!」と意気込んで、実際に続けられる高校生はごくわずかだと思います。今まで全く勉強してこなかった子が、毎日1時間勉強をしようとするのは、0から1を生み出すのと一緒でとてもハードルが高く、難しいです。

 

しかし、もともと毎日1時間勉強していた子が、勉強時間を1時間増やして2時間にするというのはどうでしょうか。さっきのパターンと同じ1時間でも、後者の方が実現しやすいです。

 

受験期もいざ今日から始めようと行ってもなかなか切り替えられないものです。高校1年生のうちから勉強習慣をつけておけば、受験期に入って勉強時間を増やし、学習内容を調整するだけなので上手く切り替えられるようになります。

 

できそうなことから少しずつ

勉強習慣を身につけるのはとても時間がかかることです。

 

「1日単語を10個覚える」「今日の授業でわからなかったところは復習する」など自分ができそうなことから高校1年生のうちに勉強習慣を身につけておきましょう。

 

それでも「自分にはちょっと難しいかも…」「うちの子ができるかしら…」と思う人は勉強習慣を身につけるために塾に通うことも選択肢の1つです。

 

「塾に通うのは受験期の高校3年生からだよね?」

そんなことはありません。第一志望合格を目標としている塾以外にも勉強習慣を身につけるため、定期テスト対策のためなどさまざまな目標を設定した塾もたくさん存在します。自宅、学校、乗り換え駅付近の塾を探してみるといいかもしれません。