活動レポート 2017/09/15

【サマーキャリアキャンプ@足柄】たった2日で人は変わるということを、受験期真っ只中の高校生が証明してしまった話(Day1)

みなさん、こんにちは!Withdomの小形です。

 

少し前ですが、8/16,17の2日間にわたって、Withdomでキャリアキャンプを実施しました!

 

キャリアキャンプとは、
普段の高校生活ではなかなか体験できない環境や学びを通して、視野を広げることを目的としたWithdom独自のキャリア教育です。

 

 

今回の開催地は足柄。

 

足柄の森で、中学生と高校生、経営者、大学生、そしてWithdomスタッフが共同生活や様々なアクティビティをしました。

 

喜び、怒り、哀しさ、楽しさ全てが凝縮された、そんな2日間だったと参加者の一人としてしみじみ実感しています。

 

というわけで、2日間の様子を1日目、2日目に分けてお送りしていきたいと思うので、
今回の記事では1日目の様子をお伝えしていきます。

 

2記事目の最後には、参加した生徒の感想も載せてあるのでぜひぜひそちらもご覧ください。

 

受験生は車の中でも…

男子と女子で分かれ、足柄まではそれぞれ車で向かうことに。

 

参加者の90%が受験生だったので、車の中ではターゲット1900からひたすら英単語テストをしていました。笑

 


朝早かったのであまり元気が無い図

 

古民家に到着!まずはお互いを知る

2時間程かけて、足柄森林公園にある古民家に到着しました。

 

到着するやいなや、はじめは自己紹介。

 

今回は、Withdomの生徒だけでなく上智大生や東京農業大生などの大学生、会社経営者など多様なバックグラウンドを持つ人が参加していたので、お互いを知るところから今回のキャンプは始まりました。

 


僕も、緊張しながら自己紹介しました…!

 

いざ、リーダーシップを学ぶ!インプット編

自己紹介が終わった後は6人程度の班に分かれ、

 

・リーダーとリーダーシップとは

・ポジティブ・ネガティブな気持ちになる言葉や行動

 

について、議論したり、アイデアを出し合ったりしました。

 

実際にやったワークをいくつか紹介すると、

 


みなさんも考えてみてください!

 

↑のように、「リーダーとは」、「理想のリーダー像」というテーマで議論をしたり、

 

 


みんなの前で発表!模造紙にはハートが描かれています。

 

どんな声かけ、行動をされると自分はポジティブな気持ち、ネガティブな気持ちになるか、
一枚の模造紙にハートを描いてまとめました!

 

インプットの次はいざ実践!アウトプット編

議論やワークを通してリーダーシップについて深めた後は、いざ実践。

 

8人程度のグループを作って2班に分かれ、全員指を差し出してフラフープを乗せます。

そして、「せーの!」の声かけと同時にフラフープを下ろすという一見簡単そうなアクティビティです。

 

 

下ろすタイムが早かったチームは、この後のBBQでご褒美が…!?

 

 

文章では伝わりづらいと思うので、下の画像を見てイメージしてみてください!

 


笑顔ですが、悪戦苦闘しています。笑

 

これがまた意外と難しく、なかなかタイミングが合わないのです…

 

なかなかできず失敗が続くと、最初は楽しげだった雰囲気も徐々に雲行きが怪しくなっていき…

 

 

「疲れた」

「やばい」

「無理、できない」

 

など、ネガティブなワードが増えていきます。

 

 

しかし!

 

 

そんな状況の時こそ、先ほどのワークが活きるのです。

 

そう、ポジティブな声かけ

 

各チーム改めて作戦を考え、各々がお互いにポジティブな声かけをしていこうということで、
その後も何度もフラフープを下ろし続けました。

 

結果、僕小形のチームは負けてしまいましたが、

 

今回のアクティビティを通して、

 

・リーダーシップは、リーダーだけでなくチームのメンバー各々が発揮することに意味がある

 

ということを学ぶことができました!

 

全員目隠しで正方形を作る!?アウトプット編part2

フラフープ選手権(勝手に名付けました)が終わると、次は古民家の外に出てワークを行いました。

 

その名も、目隠しワーク

 

ざっくり概要を説明すると、まず8名程度のチームを組み全員目隠しをしたあと、一人リーダーを決めます。

リーダーの指示(もちろんリーダーも目隠し)のもと、地面のどこかにあるロープを拾うところからそれを協力して広げ、正方形を作るというかなり難易度の高いワークです。

 


ロープを探しています!

 

一人ひとりのリーダーシップとチームワークが最大限問われる中、

 

 

リーダーの敦君の指示のもと…ロープを探しています!(ちなみに、ロープを探したあと正方形を作るのがゴールです)

 

 

 

(あれ、ロープ…無くね…?)

 


真剣な表情!

 

この後、ちゃんとロープにたどり着くことができ、見事正方形を作ることができました!!

 

 

目隠しワークでは、視覚的な情報が一切遮断されるので、高度なリーダーシップが求められました。

 

そこでも重要になるのがポジティブな声かけ

 

目標達成が圧倒的に難しい中で、メンバー全員が目標達成に向かってモチベーションを維持することが課題でしたが、肩を組みながら協力したりお互い励まし合っている様子が写真からも伺えますよね。

 

 

1日目のマナビはここまで。

 

この後は、宿泊するテントへ向かい、BBQをしました。

 


肉をたくさん喰らいました!

 

BBQやテントなど、日常生活では体験することのない非日常感が

 

 

 


食べるのに夢中すぎ!笑

 

普段見られない他の生徒の一面や思い、本音を引き出してくれたような気がします。

 

僕も生徒に混じり、あんな話やこんな話を色々としました…!笑

 


青春!

 

2日目へ続く

リーダーシップはリーダーだけ発揮するものではなくチーム全員が発揮していくものだということを、ワークを通して体感した1日目。

 

2日目は、1日目よりもチーム一丸となってリーダーシップを発揮することが求められるアクティビティを行いました。

 

後ろ向きで倒れたり、地上約10mの台から飛び降りたり…

 

たくさんの人が泣き、たくさんの人が喜んだそんな2日目の様子は↓からご覧ください!

 

【サマーキャリアキャンプ@足柄】たった2日で人は変わるということを、受験期真っ只中の高校生が証明してしまった話(Day2)

 

それでは、2日目の記事でまたお会いしましょう!

おすすめ記事